エヌピー通信社だからできる会計事務所のための事業承継サービス

エヌピー通信社 事業承継・M&A支援室

ご相談随時受付中

事業承継ホットライン(通話料無料!!)

TEL:0120-800-058 FAX:0120-813-366

未分類

若手税理士から、「自分と顧問先を一緒にどうでしょう?」

投稿日:

事業承継の形は様々ですが、本日、タイトルのような話が飛び込みました。

来週中にはお会いする予定で巣から、その具体的なお悩みの中身は分かります。

想像するに、所長を続けて行く自信がなくなったのか、それとも顧客が増えないのでしょうか。

顧客が増えなければ事務所経営も面白味がありませんし、ここで気分転換でしょう。

再度、勤務税理士に戻るということですから、それなりの決心があるはずです。

ここ数年、若手税理士が開業するケースは本当に少なくなっています。

支部で、資格審査を長年担当している税理士さんも、「来るのは会計士と弁護士ばかり」との印象。

実に若手税理士が独立するチャンスは、激減しています。

それだけ勤務税理士が増え、税理士法人の規模も年々拡大傾向にあります。

その狭間で、一人親方の成り立て税理士事務所長の活躍の場が、狭められているのかもしれません。

一人でできる仕事の範囲は限られています。

一昨日お会いした開業30数年の大ベテランも、「もう一人でやる時代ではなくなった」と証言します。

「自分一人の判断に自信が持てない、難しい案件も増えてきたので、自己防衛のためにも対策が必要」

具体的な対応を見ると、やはり税理士法人との業務提携などで、”安心”を手にするのが最も早い。

しかし、この業務提携に慣れていない業界だけに、冒頭のような若手税理士も出現する余地もある。

まあ、お会いしてから、その具体策を検討することになりますが、依頼者が満足できることが一番。

相談をいただいた当方としては、あらん限りの解決策を準備しましょう。

事業承継支援室長
大滝二三男

  • この記事を書いた人

大滝二三男

事業承継・M&A支援室長

-未分類

Copyright© エヌピー通信社 事業承継・M&A支援室 , 2020 All Rights Reserved.