エヌピー通信社だからできる会計事務所のための事業承継サービス

エヌピー通信社 事業承継・M&A支援室

ご相談随時受付中

事業承継ホットライン(通話料無料!!)

TEL:0120-800-058 FAX:0120-813-366

未分類

税理士事務所、譲り渡しの要件、その1 !!

投稿日:

事業承継はしたい、後継者も欲しい、でもなかなか手を挙げる機会がない、どうしたらいいだろう。

こんなことを考えている高齢の税理士さんがいると言います。

でも、相談に乗っていると、「でも、もうちょっとやってみるよ」と、話題をそらされてしまうという。

税界で長く仕事をしている方の話ですが、当支援室では「さもありなん!」と感じます。

税理士事務所の事業承継で、まず考えることは、もちろん先生のハッピーリタイアができるかどうか。

その上で、従業員の雇用を守れるかどうか、そして、お客さんに満足してもらう相手を探せるか、どうかです。

まず、最初に先生の腹が決まっているかどうかを、しっかり見極められなければ、話は前に進みません。

冒頭のように、「まだ元気だから、もう少しやってみるよ」となっては、しばらく待ちましょうということになる。

当支援室でも、最初に相談をいただいてから2年、3年そして4年後に、実際に契約まで至ったケースがあります。

これらのケースでは、やはりまだまだできると思いながらも、もそろそろという意識を持ちながら、事業を継続。

そのうち、気力を失い、または辞めた後にどう生きていくかの目途が立ったことで、承継開始となっています。

ここまで来ると、少々の問題があっても、支援室の提案する内容で納得いただくケースがほとんど。

承継先の先生にも、あまり多くの要望を出しません。皆さんが職員の雇用は大丈夫かと必ず念を入れます。

この点はしっかりと契約の内容で確認を取りますので、心配はありません。

余程、譲り渡す先生の事務所で”怠けて”いなければ、承継先でも”戦力”として立派に役目を果たせます。

ただし、怠け癖の付いた職員は、すぐにそのメッキが剥げてしまいますから、そこは問題です。

こういう職員は雇用されても、承継後しばらくすると、自ら辞めるという道をたどることが少なくありません。

そういった意味でも、譲り渡す先生の教育が行き届いている事務所では、承継後も職員は安心です。

なかには承継後その実力を買われて、所長代理などに昇格し、重要な管理事務を任されている人もいます。

したがって、承継を躊躇している先生には、ぜひ職員の再教育を実施し、職員の仕事力をアップしてもらいたい。

今更教育でもないと考える先生ももちろんいるでしょうが、承継をスムースにするためにも是非必要です。

準備万端であれば、承継後ものんびりと過ごすこともできますので、よろしくお願いしたいものです。

事業承継支援室長
大滝二三男

事業承継のご相談は無料です。お気軽にご相談ください。
フリーダイヤル 0120800058 e-mail fumio-o@np-net.co.jp

  • この記事を書いた人

大滝二三男

事業承継・M&A支援室長

-未分類

Copyright© エヌピー通信社 事業承継・M&A支援室 , 2020 All Rights Reserved.