エヌピー通信社だからできる会計事務所のための事業承継サービス

エヌピー通信社 事業承継・M&A支援室

ご相談随時受付中

事業承継ホットライン(通話料無料!!)

TEL:0120-800-058 FAX:0120-813-366

未分類

資格がないと承継できない税理士事務所、でも!?

投稿日:

数か月前に、こんな相談がありました。

父親の税理士が、どうやら痴呆が進んで、税務調査でもまともに対応できていない。

職員からも、先生はほとんど仕事になっていない。机の前でぼんやりしていることが多い。

確定申告を前に、自分たちで申告書の作成はできるが、先生の判はどうするのか?

税理士試験の挑戦中の息子さんに、職員からの連絡があったという。

「試験の合格できるまで、家に帰るな」と言われていたので、ここ数年家には帰っていない。

だが、父親の痴呆がひどくなり、母親からも一度帰るようにとの電話もあった。

そこで、帰ってみると、その厳格な姿はなく、ただボーとしている父親がいた。

その時はたまたま父親が毎月行っている病院での一コマ。

父親には姿を見せないようにして、隠れながらの様子見だったが、その代わりように唖然とした。

自らはまだ2科目残っているので、整理士事務所を継ぐわけにはいかない。

父親がそのまま税理士業務を行うのは当然無理。そこで、古くからの知り合いの税理士さんに相談。

そこで、「自分が資格を取った時には、買い戻すから、一時的に預かってもらないか?」と提案。

相談した先生も自分の父親より若干年下だが、ご自身いつ体がダメになるか、不安との葛藤中。

先生曰く、「お前さんが資格を取ったら、今度は私の事務所を継いでもらおうじゃないか」

そんなわけで、”一時的な避難”は無事終了。その対価も、もちろん最小限で契約。

ところが、お客さんも職員も先生に預け、確定申告も無事終了しようとした。

その数日前に、父親は長年の患いで、あっけなく旅立ってしまった。

息子さんが父親が亡くなる前に後継を、父親の友人である先生にお願いし、職員も移籍させてもらった。

なくなってからの相談であったら、こんなにスムーズに事は進まなかっただろう、というのがまず浮かんだという。

しかも、痴呆が進んでいなかったら、父親の前に出ることもできなっただろうし、臨終にも間に会わなかった。

こう考えると、税理士事務所を将来継ぐと決めて、交渉できたことが、試験への力になると確信するに至った。

こんなケースでも、承継のお手伝いをすることができるのです。本当にご相談は十人十色ですね。

どんなケースでも対応できるよう、人の心を汲み取れるよう、常に努力が必要なことを痛感するのです。

事業承継支援室長
大滝二三男

事業承継のご相談は無料です。お気軽にご連絡ください。
フリーダイヤル 0120800058 e-mail fumio-o@np-net.co.jp

  • この記事を書いた人

大滝二三男

事業承継・M&A支援室長

-未分類

Copyright© エヌピー通信社 事業承継・M&A支援室 , 2020 All Rights Reserved.