エヌピー通信社だからできる会計事務所のための事業承継サービス

エヌピー通信社 事業承継・M&A支援室

ご相談随時受付中

事業承継ホットライン(通話料無料!!)

TEL:0120-800-058 FAX:0120-813-366

未分類

まったく他人の若手税理士に事務所を任せますか?

投稿日:

「事務所を継いでくれる若手の税理士さんはいませんかね」

ご自身の引退を考え始めた先生から、こんな要請を聞くとがたびたびあります。

果たして、どんな思いで若手の税理士を探そうとされているのでしょうか。

必ずそういう先生の口からは、「まず相性だね。眼鏡にかなえばすぐにでも渡しますよ」

本当にそうだろうか? これまでに若手税理士を職員として採用していないのだろうか。

いたとしたら、どうしてその人に暖簾を渡してあげなかったのだろうか。

先生と若手税理士との間には年齢差もあり、若者の考え方を承服できないことが多いのではないだろうか。

「私の考え方を理解してもらってから、」とも、言われます。

当然、その事務所の運営方針は、先生の考えから出ているわけで、これを無視することはできないだろう。

しかし、その考えを踏襲しなければならないということになれば、話は別だ。

後継者は自分の事務所を作るわけだから、いつまでも元所長の考えに固執するわけにはいきません。

また、「譲る」と言っている所長が、いつになっても本気で承継作業に進まなければ、後継者も不安になります。

現に、後継者として採用した30代そこそこの税理士に、数年間、具体的な話をしなかった先生がいました。

痺れを切らした後継者が所長の考えを質したが、その返事が「実は甥っ子が資格を取ったんだよ」。

後継者として採用された若者は、直ちに事務所を去ったのは当然です。

こんなひどい例はそんなにはありませんが、いつの間にか後継者候補が事務所を辞めている例が多い。

というより、所長の眼鏡にかなわなかったということが分かります。

しかし、そんな所長さんが果たして、後継者となるよう、それなりの教育をしていたのでしょうか。

この答えも多分、「ノー」でしょう。育てられなかったのではないでしょうか。結果として、辞めていった。

そんな経験を持つ税理士さんから、「後継者になるような若手税理士はいないだろうか」と言われても困る。

もう個人の時代は終わっています。一人親方から複数の税理士さんで業務に対応する時に来ています。

言ってみれば、組織の時代に入っているわけで、組織作りができなかった先生は、後継者なしのまま。

引退の時期が近づいても、辞めるに辞められない状況に陥っているのではないでしょうか。

それとも、やっぱり仕事が好きで、一人でできる範囲で生涯現役を続けていかれるのでしょうか。

引退せず、どうしても若者を思いのままにしたければ、お子さんに資格をとらえるのが一番。

しかし、試験に合格した息子さんや娘さんが、事務所を継ぐのでしょうか。これも、継がない人が実に多い。

その前に、父親の仕事ぶりを見ていた息子が、きっぱり「跡は継ぎません」と宣言する例もあります。

生涯現役を宣言した先生は気が楽。でも、ほとんどの先生が引退の時期を考えますから、悩みは尽きません。

でも、やはり後継者を作れないのであれば、見知らぬ他人に事業承継を考えるのも、一案ではないでしょうか。

ですから、当支援室では、若手税理士を後継者候補として紹介することは、ほとんどやっていません。

事業承継支援室長
大滝二三男

事業承継のご相談は無料です。お気軽にご連絡ください。
フリーダイヤル 0120800058 e-mail fumio-o@np-net.co.jp

  • この記事を書いた人

大滝二三男

事業承継・M&A支援室長

-未分類

Copyright© エヌピー通信社 事業承継・M&A支援室 , 2020 All Rights Reserved.