エヌピー通信社だからできる会計事務所のための事業承継サービス

エヌピー通信社 事業承継・M&A支援室

ご相談随時受付中

事業承継ホットライン(通話料無料!!)

TEL:0120-800-058 FAX:0120-813-366

未分類

税理士さん奮闘中、確定申告も最後の追い込みです!!

投稿日:

この時期に税理士さんにゴルフの話をすると、「この大切な時にゴルフなんてとんでもない」と怒られそう。

数年前だったら、この時期にゴルフクラブの競技会などがあっても、税理士さんは欠席したものだ。

しかし、今はどういうわけか、この時期でもしっかり参加する先生が多くなってきている。

私の知るニセ税理士さんも、数年前は「この時期は私は欠席です」と言っていたのだが、今は出てきたいる。

先生たちの仕事が減ったのかと言えば、そうでもないらしい。原因はやはり電子申告のようだ。

先生がすべてをチェックする体制は、手書きの申告書の時だけ、いまは署名も判子もいらないから、職員任せも。

「そんなことはありません。すべてをチュックしています。」と言われそうだが、その声もあまり大きくない。

やはり、電子申告の威力が発揮されてきているようで、3月15日ぎりぎりまに業務が終わらないケースは激減。

そんなわけで、ゴルフにも出かけらえるようになってきたし、お客さんも早めに申告を済ませるように協力的。

しかし、医療機関の保険診療の報告は月末になるので、診療所に特化した先生たちは今週来週が山場。

資料を提出した歯医者さんやお医者さんは、遅くとも今週中には資料をすべて提出、準備完了だ。

こんななか、特化型の先生は大車輪。最終目標を12日として、土日も休まず申告書づくりに精を出す事務所も。

これが終われば、事務所によってはボーナスを出したり、先生も海外旅行に出かけたり、オフシーズンに。

とはいっても、すぐに3月末には多くの法人が決算期を迎え、5月の申告に向けてギアが再び入る。

事業承継の仲介をする立場からすると、この3月決算期が承継のタイミングとしては絶好の機会。

なぜなら、決算を迎える顧問先の社長の人となりを、金銭がらみでしっかりと見ることができるからだ。

そこには、社長の金銭感覚や納税に対する考え方、さらには従業員に関する情報等も把握できる。

会計事務所の職員も引き受ける場合、この時期にその人の能力・実力、さらに顧問先との関係もわかる。

しかし、委譲する側にとっては、この時期は収入のウエートが大きいときだけに、この時期を外したいのが本音。

このあたりの攻防を、両者の間に立って軍配を振るうのが我々の仕事。どちらにも睨まれずに差配する。

お互いの先生がゴルフなどが大好きともなれば、話は早いのだが、そうは問屋は卸さない。

この時期こそが我々支援室の”実力”を発揮するときでもあります。あと1週間、最後の”追いこみ”です。

事業承継支援室長
大滝二三男

事業承継のお悩みなど、お気軽にご連絡ください。
フリーダイヤル 0120800050 e-mail fumio-o@np-net.co.jp

  • この記事を書いた人

大滝二三男

事業承継・M&A支援室長

-未分類

Copyright© エヌピー通信社 事業承継・M&A支援室 , 2021 All Rights Reserved.