エヌピー通信社だからできる会計事務所のための事業承継サービス

エヌピー通信社 事業承継・M&A支援室

ご相談随時受付中

事業承継ホットライン(通話料無料!!)

TEL:0120-800-058 FAX:0120-813-366

未分類

残念な税理士事務所の事業承継!!

投稿日:

大変高齢の税理士さんと事務所の事業承継契約を結び、引き継ぎ作業を進めています。

といっても、もちろん弊社が契約したわけではありませんし、それはできない相談。

承継先の事務所が引き継ぎをしていると、担当者が誰だか分からないケースも出ています。

そんなことはないだろうと、誰もが考えるのですが、実際の話です。

その高齢の先生は、この10年以上顧問先との折衝はほとんどせず、届けられた資料を基に決算書を作成。

持ってこられて書類等が真実の記録かどうかも定かではなく、そのチェックもしていなかったようだ。

顧問先の景況を観察すると、この不景気なときに好調な様子。しかし、決算書はかなり低い数字。

税理士さんがチェックをしていないので、顧問先が勝手に数字を操作している模様がはっきり。

これでは引き継ぐにも引き継げないと承継先からクレーム。

しかも、相手の社長さんともほとんど会っていないということから、顧問先からの事情聴取もできない有様。

たった一人の事務員も.任された顧問先については分かっているが、先生の担当はアンタッチャブル。

それでも、承継先の事務所は「なかにはいい顧問先もあるので、確定申告後によくチェックしましょう」という。

それにしても、記帳代行と税務申告書の作成業務だけの事務所で、ここまでやってこれたのが不思議。

顧問先の社長さんたちは、どんな気持ちで業務を依頼していたのかも考えてしまいます。

もっとも、税理士さんに任せておけば大丈夫と考えていたのか、それとも安いからと納得していたのか。

やはり、税理士さんがあまりにも高齢になって場合には、顧問先さんも考えなければいけませんね。

そこで不安.最近の税法の改正jこに追いついているのかどうか?損害賠償もあるかも?

事前の事務所チェックに十分時間を掛けなければいけないと、自ら戒める次第です。

事業承継支援室長
大滝二三男

事業承継でお悩みの先生
どうかお気軽にご連絡ください。
フリーダイヤル 0120800058
e-mail fumio-o@np-net.co.jp

  • この記事を書いた人

大滝二三男

事業承継・M&A支援室長

-未分類

Copyright© エヌピー通信社 事業承継・M&A支援室 , 2020 All Rights Reserved.