エヌピー通信社だからできる会計事務所のための事業承継サービス

エヌピー通信社 事業承継・M&A支援室

ご相談随時受付中

事業承継ホットライン(通話料無料!!)

TEL:0120-800-058 FAX:0120-813-366

未分類

新年のブログ、スタートです!さっそく親子の断絶!?

投稿日:

昨年暮れ、突然の電話がありました。

「親父さん(税理士)の様子がおかしく、言っていることが分からにのできてほしい」と母親からの電話。

3年ぶりに故郷に帰ってみると、80歳を超えた父親は、ぼぅとして、焦点の定まらない目つき。

小さいころから厳格で、昔気質の父親で、子供との会話はほとんどなく、ただ恐ろし存在だった。

実家に帰っても、昔のイメージがあるから、声を掛けることもなく、母親からの相談。

今のままでは、税理士事務所を継続すことは不可能なので、知人の先生にお願いすることにした。

さっそく、母親が存じ上げている先生の所に行き、相談してみたが、その先生も数年後には辞めるという。

顧問先のこと、すぐに来る確定申告を処理するためにも、何とか承継先を見つけたいとのこと。

緊急避難的に税理士事務所を紹介すべきかどうか、ただちに事務所に伺い、話を聞くことになる。

今日はその事務所を訪問し、職員の方々の話も聞いているところ。

面談するのは電話をいただいた息子さん、地方公務員ながら税理士試験にも挑戦中、残り1科目。

税理士の父親から、「試験が受かるまで帰ってくるな!」といわれ、このところ実家に立ち寄らなかった。

それだけに、事務所経営に関しても一切経験もなければ、税の実務もちんぷんかんぷん。

事務所の実情も、そんなことで一切わからず、職員さんたちから話を聞いて把握することに。

親子関係がスムーズにいき、盆暮れなどに帰省していれば、父親の変化にも気づいたのだろう。

事業承継の話は、子供たちが帰省する盆暮れに、それとなく、父親が話す機会があるのだが、

今回の親子はまさに数年間も接触なしで、事態はかなり厳しい状況になっています。

息子さんが残り一科目をクリアするのが一番の解決策だが、試験まで8か月。結果が出るまで1年。

この間、親父さんには実務を行えるだけの状況ではないので、とにかく相手探しが先決。

特に地方都市では、承継する若手税理士さんがいませんので、さて時間との競争が始まります。

事業承継支援室長
大滝二三男

イーメール fumio-o@np-net.co.jp
フリー電話 0120800058 携帯電話 09014244594
お気軽のご連絡ください。

  • この記事を書いた人

大滝二三男

事業承継・M&A支援室長

-未分類

Copyright© エヌピー通信社 事業承継・M&A支援室 , 2020 All Rights Reserved.