エヌピー通信社だからできる会計事務所のための事業承継サービス

エヌピー通信社 事業承継・M&A支援室

ご相談随時受付中

事業承継ホットライン(通話料無料!!)

TEL:0120-800-058 FAX:0120-813-366

未分類

10か月前のブログにコメントが??

投稿日:

今年の初め、名義貸しの根っこに国税OBがちらついていると書きました。

「その通り。うちの所長も、管理徴収上がりで、決算書は読めないし、決算指導なども全くしない」

といったコメントが書き込まれました。 多分考えに考えたんでしょう。コメントを書くことを。

この方、父親が試験組で、税理士事務所開業後55歳で病死。

残された家族・事務所を他の税理士に承継してもらい、25歳のご本人はその事務所に勤務。

順調に行っていた承継も、またまた税理士の死亡で窮地に。そこの登場したのが件のOB税理士。

所長になるまでのプロセスは分からないが、とにかく事務所を継続するために資格があればだれでもよかった。

はたまた、当支援室のように社会的に認知された事業承継の組織がなく、相談するところなく、OBを指名。

事務所の存続はできたが、実務は一切できず、申告書を含め決算指導など顧問先へのサービスはアウト。

そんな所長にあきれるやら、諦めるやらだが、コメントを書いたご本人はもう疲れた。

だれかいい人いませんか? というわけだが、この事務所の主宰者はもちろん、ダメ税理士。

この税理士さんが辞任を表明し、後継者を探さないかぎり、事務所員たちの安逸な日々は訪れない。

もちろん、いち従業員になった創業税理士の息子さんが資格を取れれば、一番の解決策。

だが、年間労働時間が3500時間を超えているという労働環境では、試験勉強などできっこない。

もしも、この青年の政治力で事務所の経営者を何とかできるのであれば、助けることできなくもない。

それでも、資格が一番の商売だけに、一度所長に就任した人がすべてを投げ出すとは考えられない。

顧問先とともに他に事務所に移りますか?とんでもない一言ですが、

所長に非があるのであれば、そんなことを考える職員も出てくるだろうなと、コメントから想像しました。

国税OB の税理士さん、本当に一部の人でしょうが、評判を落とす人がいるものですね。困りました。

事業承継支援室長
大滝二三男

  • この記事を書いた人

大滝二三男

事業承継・M&A支援室長

-未分類

Copyright© エヌピー通信社 事業承継・M&A支援室 , 2020 All Rights Reserved.