エヌピー通信社だからできる会計事務所のための事業承継サービス

エヌピー通信社 事業承継・M&A支援室

ご相談随時受付中

事業承継ホットライン(通話料無料!!)

TEL:0120-800-058 FAX:0120-813-366

未分類

息子さんも会計業界にいるが、自分の税理士事務所は継がせない!

更新日:

せっかく資格を取った息子さんがいるのに、事務所を渡さないし、個人で開業しないよう助言する父親。
開業したのがバブル時代で、黙っていてもお客は増え、従業員も自然に増加、資産も応分に作れた。
それから30数年たった今、従業員の給与は当時の倍。それに反して、客は増えず、顧問料は下がるばかり。
さらに、増客を目論んでも、新規企業はなく、経営者の高齢化で、廃業してしまう顧客も少なくない。
地方都市は人口減も顕著になっており、数年後の経営環境は相当厳しくなることは想像にかたくない。
同時に税務の実務でも、税理士一人の判断で済ませるには、厳し過ぎる問題が多くなり、リスクも拡大。
そんな厳しい環境に息子さんを縛り付けるより、税理士法人で実力を発揮してもらいたいと親は思う。
そこには、個人で事務所を経営する時代ではなくなり、個人事務所は自分で終わりにするとの判断がある。
それでも、息子さんは現在は一人立ちできる力はないが、将来、父親の事務所を継ごうとの意欲はある。
そんな息子さんを見守る先生が支援室に後継者探しを依頼され、他人に事務所を譲る動きに出た。
これに対して、支援室では後継者候補を紹介しても、すんなり引き継げた例が少ないことを説明。
やはり、息子さんに渡すのが一番良いし、息子さんの成長を待つべきではないかと説得。
近い将来、実力をつけた息子さんが父親の決意を変え、事務所経営に奔走する姿がみられるかもしれない。
もし、そんな息子さんを見ることができないときに、初めて法人との経営統合などを考えると意見が一致。
それにしても、税理士事務所を取り巻く環境は年々厳しくなり、個人事務所開業も難しくなりました。
事業承継・M&A支援室長大滝二三男

  • この記事を書いた人

大滝二三男

事業承継・M&A支援室長

-未分類

Copyright© エヌピー通信社 事業承継・M&A支援室 , 2019 All Rights Reserved.