エヌピー通信社だからできる会計事務所のための事業承継サービス

エヌピー通信社 事業承継・M&A支援室

ご相談随時受付中

事業承継ホットライン(通話料無料!!)

TEL:0120-800-058 FAX:0120-813-366

未分類

承継を目論んだが、思い通りに職員は動かず、最後に仲介を依頼!

投稿日:

確申後に税理士登録した職員を後継含みで副所長に昇格させた所長、数年後には引退できると、ひと安心。
これまでは同格であった同僚が、資格を持ったことで上司になり、他の所員の対応もぎこちなくなった。
そんな日々を過ごしているうちに、職員を指導できない副所長に、早くも所長の評価も厳しくなってきた。
副所長にしてみれば、指導者としての教育も一切受けていないので、職員への接し方も暗中模索の状態。
その年齢を聞くと、45才。事務所歴も10数年、自分より年上でキャリアも長い職員に強いことは言えない。
しかも、所長とは地縁血縁もなく、税理士になったとたん、平から副所長に格上げされ、戸惑うばかり。
そんな状態を見てきた所長は、将来事務所を任せられるだろうかと、不安を感じるようになってきた。
自分も誰にも指導されず、自分の力で事務所を作り上げたとの自負が災いし、副所長を指導できていない。
ある日のこと、女子職員が副所長の間違った指導を愚痴ってきた。それを真に受けた所長が副所長に注意。
所長の注意が副所長を苛だたせ、愚痴った女子職員にパワハラまがいのダメ出しを誘発した。
後継候補の副所長を良く思っていなかったその女子は、ダメ出しのあった日の翌日から出てこなくなった。
これにはダメを出した副所長も慌てたが、女子職員に頭を下げる気は、更々ない。
そして、考えることは後ろ向きなことだけで、将来事務所を引き継ぐことに魅力も感じなくなってきた。
注意した所長の後釜に座って、力のある年長者や自分を良く思わない職員のために働く意欲もなくなった。
そう考えた副所長は辞表を提出し、事務所を去った。まさに、所長の思惑がすっ飛んでしまったわけだ。
所長もやっと確保した後継者に逃げられ、いまさら探そうとの意欲も失せ、当支援室への相談となった。
これらの話を訊いた以上、顧問先に迷惑はかけられないという所長への対応は、法人への経営統合の提案。
効率の良い仕事をしている法人と統合することで、在籍する職員の仕事力をアップすることを目指した。
幸いにも、ベテラン職員は任された仕事は充分こなし、辞めた副所長の関与先もスムーズに引き継げた。
副所長に経営を任せる腹だった所長も、引き継ぎさえ上手くいけば、楽が出来ると、経営統合に大賛成。
今回は、″雨降って地固まり″、所長も日々の経営の悩みから解放され、のんびり出来る日がすぐそこにある。
事業承継・M&A支援室長大滝二三男

  • この記事を書いた人

大滝二三男

事業承継・M&A支援室長

-未分類

Copyright© エヌピー通信社 事業承継・M&A支援室 , 2019 All Rights Reserved.