エヌピー通信社だからできる会計事務所のための事業承継サービス

エヌピー通信社 事業承継・M&A支援室

ご相談随時受付中

事業承継ホットライン(通話料無料!!)

TEL:0120-800-058 FAX:0120-813-366

未分類

ATMにカメラとカードの同時にチェック‼

投稿日:

今日、税理士さんの研修会で初めて知りました。

それも、相続税の調査の最中に、税務署の調査官が暴露したことです。

預貯金に関して、過去の入出金を通帳で確認するのは当然のこと。これは、調査の初歩段階。

普通、お金の出し入れは、今はほとんどATMを利用し、キャッシュカードで行っている。

通帳と判子を持って、金融機関の窓口に並ぶ人はかなり少ないだろう。

例えば、相続税の調査で、被相続人の口座を数年間の動きをチェックするのは当然のこと。

しかし、今回判明したのが、ATMを利用し入出金した人の顔とカード番号が記録されていること。

金融機関のすべてのATMで記録されているので、被相続人の口座の動きは、全て把握できる。

ある税務署の相続税調査官が、立ち会った税理士事務所の担当者に、実際の映像を見せたという。

それを見た事務所の職員によれば、映像は明瞭で誰がどのカードを使ったのかも判った。

お金を下ろした覚えはありませんと、国会の答弁のように言っても、税務調査には通じない。

そう言えば、犯罪捜査でも、被害者のカードを利用したなどの事実がニュースで流れる。

これは、ATMの中にカメラが仕込まれているからこそわかることなのだろうと、納得。

この話を耳にした後に、コンビニのATMをチェックしたら、やっぱりカメラが顔を撮していた。

どうやら、日々のお金の出し入れは、金融機関に行けば、必ずカメラに写されているようだ。

ここまで″監視社会″は進んでいたんですね、相続税に無関係な人には、プライバシーはどうなっているのでしょう。

ATMを利用する、あなた、利用する度にカメラに写されて、数年間は保存されているんですね。

嫌ですねぇ‼

タンス預金をする老人の方が、プライバシーを防衛できることになりますね。考えよう!

事業承継・M&A支援室長
大滝二三男

  • この記事を書いた人

大滝二三男

事業承継・M&A支援室長

-未分類

Copyright© エヌピー通信社 事業承継・M&A支援室 , 2022 All Rights Reserved.