エヌピー通信社だからできる会計事務所のための事業承継サービス

エヌピー通信社 事業承継・M&A支援室

ご相談随時受付中

事業承継ホットライン(通話料無料!!)

TEL:0120-800-058 FAX:0120-813-366

未分類

業務提携を足掛かりに、承継相手の適性を調査!

投稿日:

税理士にとって、承継相手を探し出すのは、非常に難しい。

若手税理士と支部の委員会で一緒に活動しても、経営者としての能力は判然としない。

また、同じ委員として動いているうちに、承継相手としての悪い点だけが見えてくる。

勤務税理士を抱えた所長の場合、日ごろの仕事を見ているうちに、資格者を候補者から外す。

もちろん、一番楽な承継相手は、出来心の知れた勤務税理士で、このケースが最も多い。

しかし、税理士は所長だけの事務所が圧倒的に多く、勤務税理士に継ぎたくとも、できない相談。

そこで、仲間の税理士に声を掛け、何とか優秀な税理士を紹介してもらうことに奔走する。

経営力に長けた税理士がいたとしても、そのような人材は、すでに自分の城を構えている。

これに対し、後継者を探す税理士は、自分の事務所を使ってもらうことを条件にする。

顧問先も今の事務所に馴染んでいるので、お客さんのためにも自分の事務所を、というわけ。

だが、引き受ける開業税理士も、同じ理由で事務所は移転したくない。ここで、交渉決裂。

そこで、交渉相手になるのが、どうしても税理士法人になってしまうわけだ。

法人であれば、引き渡す事務所を支店にして、お客さんは同じ事務所に出掛ければ良い。

引き渡す先生も経営統合という形で、お客さんにも説明すれば良い。

しかし、良いことは分かっているが、その決断をするまで葛藤を軽くする方法がないのか?

まず、相手を知るために何をすれば良いのか、相手の話や提供される資料を調べればいいのか?

これまで仲介した案件で、所長の腹が決まらないケースでは、業務提携からスタート。

1年ないし2年の提携期間終了後、法人の支店として衣替え、所長も社員税理士に就任。

この期間中、具体的な提携業務は何をしたのか?

両者に″命令権″を持っているわけではないので、互いに遠慮があるなかでの、コミュニケーション

慎重なやり取り、複雑な相続案件の処理では、法人の力が遺憾なく発揮され、所長も面目躍如。

さらに、IPOに手が届こうかという成長過程にある顧問先の相談にも、的確な回答を出した。

また、人材も豊富で、物足りない対応をする職員にノーの反応をすると、直ちに交代。

もちろん、良いことだらけではないのは当然のこと、それらの問題も提携解消まで至らなかった。

このような提携をお望みの先生、どうぞご連絡ください。

事業承継・M&A支援室長
大滝二三男

  • この記事を書いた人

大滝二三男

事業承継・M&A支援室長

-未分類

Copyright© エヌピー通信社 事業承継・M&A支援室 , 2022 All Rights Reserved.