エヌピー通信社だからできる会計事務所のための事業承継サービス

エヌピー通信社 事業承継・M&A支援室

ご相談随時受付中

事業承継ホットライン(通話料無料!!)

TEL:0120-800-058 FAX:0120-813-366

未分類

税理士法人は嫌だ、と経営統合を拒否する税理士も少なくありません!

投稿日:

ご自身は高齢で、事業承継を真剣に考えていますが、法人には否定的。

それと言うのも、親子の法人は良いが、他人同士はすぐ解散すると言う。

だから、他人同士が経営する税理士法人には、後は任せたくない。

個人の税理士に任せ、事務所も使ってもらいたいと希望する。

こうなると、承継者は、現在の事務所から引っ越さなけてばならない。

しかも、しばらくは譲り手の先生と共に苦労する必要がある。

年長者であり、大先輩の意見も尊重し、自由に業務も変えられない。

何のための事業承継かと、職員の゛不満゛も募ってくる。

同時に高齢の先生と共に年老いた職員も、自らの殻をじっと守る。

引き受け側の職員も余計な仕事はしないと、

事業承継によるシナジー効果は、全く見えてこない。

そんな形を良しとするならば、顧問先を渡したら、お仕舞い。

老兵は静かに消え去るのみ、と言うなら、それもまた良し。

これで税理士法人はダメだと言う理由は、全く見えてこない。

本音は、「まだ渡したくない。文句を言える相手なら良い!」

法人ではスケールが大きすぎて、業務に゛意見゛できないと言うのだ。

仲介者として、親子による法人より、創業者が統括する法人を薦める。

組織として対応できる法人こそが、これからの税理士法人だ。

その点は高齢のかの先生は、意地でも理解されないようだ。

個人の相手も実際のところ、YESとの返事がまだない。

事業承継・M&A支援室長
大滝二三男

  • この記事を書いた人

大滝二三男

事業承継・M&A支援室長

-未分類

Copyright© エヌピー通信社 事業承継・M&A支援室 , 2020 All Rights Reserved.