エヌピー通信社だからできる会計事務所のための事業承継サービス

エヌピー通信社 事業承継・M&A支援室

ご相談随時受付中

事業承継ホットライン(通話料無料!!)

TEL:0120-800-058 FAX:0120-813-366

事務所経営 厳選ブログ 経営・承継のトラブル 退職金問題、顧客の持ち逃げ

久しぶりに顧客の「持ち逃げ」の現場に遭遇しました、あるんですねえー!

更新日:

税理士の体調が悪く、ここ数年、事業承継に苦労してきた事務所の話。

後継者に顧問先が不満

40年以上の顧問先が多く、後継者探しにも四苦八苦。

やっと見つけた後継者候補は、なんと身内。それも甥っ子。

ところが、後継者と決めた甥っ子はほとんど動かず、顧問先から不満が。

それでも、所長が懸命に後押ししたが、顧問先は契約解除が続く。

後継ぎ不適格で所長が業務継続

その結果、甥っ子は跡継ぎには不適格と縁切り、所長が業務を継続 。

職員は動揺するものの、所長の下でしばし平安の日々を送ってきた。

ところが、業務の中核を担う職員が病に倒れ、事務所も右往左往になった。

所長も病をおして、日々の業務に精力するも、職員が頼り。

ナンバー2が突然の辞職、そして、、、

そんな非常時に、ナンバー2の職員が突然の辞表提出。

その理由も不明瞭で、ともかく事務所を辞めたいというばかり。

所長は、後任が見つかるまで辞めないと考えていたが、それも無視。

当然、引き継ぎもされないままに、退職という最悪の事態。

そして退職後には、当人の担当の顧問先から契約解除の通知が続く。

顧問先の移動が雇用の条件

その男性の転職先は予想できた。

会計事務所しか勤務経験がない人を雇う先は、同業者のみ。

顧問先を持ってくることが、雇用の条件になったのだろう。

つまり、顧問先の持ち逃げだ。

まとめ

現状は担当の顧問先の3割からの契約解除だが、まだまだ増えるはず。

それにしても、事務所の窮状を無視し、持ち逃げするとは!?

何がそうさせるのか、判断は難しいが、、、

  • この記事を書いた人

大滝二三男

事業承継・M&A支援室長

-事務所経営, 厳選ブログ, 経営・承継のトラブル, 退職金問題、顧客の持ち逃げ
-

Copyright© エヌピー通信社 事業承継・M&A支援室 , 2019 All Rights Reserved.