エヌピー通信社だからできる会計事務所のための事業承継サービス

エヌピー通信社 事業承継・M&A支援室

ご相談随時受付中

事業承継ホットライン(通話料無料!!)

TEL:0120-800-058 FAX:0120-813-366

未分類

決算が終わり次第、承継していきたいが、それでいいか?

投稿日:

こんな要望を出されるのは、ほとんどが顧問先の少ない税理士さん。

承継者を探すようになるまでに、゛積極的に゛ お客さんを減らしてきた。

最終的には、自分一人で処理ができる10数件の顧問先が残る。

それらの顧問先を承継してもらいたいと、当支援室に声がかかる。

ただし、過去1年の決算処理をしないで放り出すのは無責任と考えている。

だから、決算業務が毎月1、2件になるように、顧問先を減らしてきた。

こうすることで、効率よく業務ができ、顧問先に迷惑をかけずに済んできた。

そこで、承継する際も、顧問先ごとの決算終了後に引き継ぎたいというのだ。

云わば、顧問先に対する最後のお務めを果たして、渡したいというわけ。

通常は、担当者も同時に承継先に移籍するので、いっぺんに承継できる。

しかし、担当者は先生だけだから、決算できない顧問先も出てくる。

長年付き合ってきた顧問先の決算だけは、責任をもって組みたい。

引き受ける税理士は、最大1年間かけて承継することになる。

言ってみれば、毎月1、2件の新規顧問先は増える格好になるわけだ。

面倒だが、これを認めなければ、引き継ぎができない。

そう、気楽に毎月引き継ぎを行うと考えれば、いいのだろう。

この12年間で、このようなケースはほとんどなかった。

確かに先生の引退を見守ると考えれば、この手法も有りかもしれないですね。

事業承継・M&A支援室長
大滝二三男

  • この記事を書いた人

大滝二三男

事業承継・M&A支援室長

-未分類

Copyright© エヌピー通信社 事業承継・M&A支援室 , 2020 All Rights Reserved.