エヌピー通信社だからできる会計事務所のための事業承継サービス

エヌピー通信社 事業承継・M&A支援室

ご相談随時受付中

事業承継ホットライン(通話料無料!!)

TEL:0120-800-058 FAX:0120-813-366

未分類

税理士事務所承継(引き受け)希望者の予算は、いくら?

投稿日:

現在、事業承継の引き受け手の登録を受付ています。

譲り手より受け手の方が多くいるのは常識、誰もが理解できること。

また、個人より法人の方が、引き受け方法も様々で、候補としては有利。

個人の場合は、お客さんだけを譲り受けるケースが多い。

こうなると、お客さんと気心が通じた職員は退社することにもなる。

その結果、自分で税理士を探すお客も出て、完全承継は出来ない。

場合によっては、5年後には引き受けたお客は半分なくなることも。

引き受けた顧客が少なければ、コストパフォーマンスは期待できない。

また、1000万円以下の事業承継だと、顧客も高齢で廃業率も高い。

事務所を閉鎖すると決めた先生も、数年掛けてお客を減らしてきている。

事業発展に強い意思も持つ顧客は、早めにやり手の税理士の下に行く。

残る顧客は、老先生と永年信頼関係を維持してきた、同年代の経営者。

手厚いサービスは必要なく、先生との会話を楽しみにしている人も。

このような顧客を引き継いでも、それだけで事業拡大には結び付かない。

ただ顧客を増やしただけで、新たな顧客を紹介されることも少ない。

引き渡す先生も、是が非でもお金に代えたいと考えてはいない。

たまたま、引き継ぐ先生がいれば幸い。

いなければ、静かに事務所閉め、お客さんとは、グットバイ。

仲介業者に期待する譲り手の先生は、自分の歴史を引き継ぐ先生を探す。

自分で探せなかった引き受け手を、なんとしても探したい。

対価問題はそれほど重要ではない、お客さんを放り出せないのだ。

数は少なくとも、自分の歴史が伝わっている顧客を大事にして欲しい。

思いは、ただそれだけだと言う先生も。

そういった先達の思いを、あなたは引き継げますか?

例え、その規模が800万円以下でも?

事業承継・M&A支援室長
大滝二三男

  • この記事を書いた人

大滝二三男

事業承継・M&A支援室長

-未分類

Copyright© エヌピー通信社 事業承継・M&A支援室 , 2020 All Rights Reserved.