エヌピー通信社だからできる会計事務所のための事業承継サービス

エヌピー通信社 事業承継・M&A支援室

ご相談随時受付中

事業承継ホットライン(通話料無料!!)

TEL:0120-800-058 FAX:0120-813-366

未分類

何もしないと、お客さんは減り、それも所長の歳に比例します!

投稿日:

税理士事務所の賞味期限は、所長の年齢に多いに関係があるようです。

良く言われるのが、顧問先の代表者は所長と年代は一緒。

ですから、所長の歳と共にお客さんも歳をとる。

そう、元気がなくなり、事業も下降線をたどることになる。

こうなると、企業経営者も何時辞めるか、常に考えるようになる。

税理士事務所の担当者も、顧問先の社長に心のうちは聞くことはない。

そこまで深入りした話をして良いものか、担当者も考えない。

単に会計処理だけの話をしていた方が、担当者も責任は軽い。

しかし、顧問先の社長は、事業承継を相談したい、その相手を探す。

相談相手の一番手が税理士なのだが、本人は気付いていない。

すっきり、「社長は、事業は誰に継がせるの?」と、訊けば良い。

でも、その相手がいなければ、税理士が相談に乗れば、答えは出る。

その答えが出せなければ、事務所も社長と共に顧客は減ってくる。

通常、税理士が60歳を迎える頃には、営業をしなくなる。

お客と供に歳を取り、事務所の規模を縮小するなかで、廃業を迎える。

実に勿体ない話、元気なうちに事業承継すれば、お客さんも助かる。

そう、自分よりお客の事業承継をしておけば、引き継ぐ先生も大助かり。

元気なお客を引き継げれば、飛躍にも繋がるし、価値も高い。

これからは、お客の事業承継に成功することが、事務所の価値に繋がる。

そんな事務所であれば、後継者も引き継ぎやすい、いかがでしょう?

事業承継・M&A支援室長
大滝二三男

  • この記事を書いた人

大滝二三男

事業承継・M&A支援室長

-未分類

Copyright© エヌピー通信社 事業承継・M&A支援室 , 2020 All Rights Reserved.