エヌピー通信社だからできる会計事務所のための事業承継サービス

エヌピー通信社 事業承継・M&A支援室

ご相談随時受付中

事業承継ホットライン(通話料無料!!)

TEL:0120-800-058 FAX:0120-813-366

未分類

税理士事務所の承継後、顧客との契約は大丈夫?

投稿日:

れまでの多くの仲介案件で、顧問先との契約を行っていた先生は少ない。

昭和50年代以前に開業した先生は、その多くが、口約束の契約。

請け負う業務内容を明らかにしているケースも、これまたほとんどなし。

顧問料に含まれない税務調査の立ち会い料も、あったり、なかったり。

先に終了した確定申告でも、顧問先企業の代表者の申告も無料奉仕。

契約にはもちろん社長の申告書作成などなく、これも口約束。

このような状態を、承継後もそのまま続けられるのか?

引き受ける事務所にしてみれば、業務内容を明確にしたいところ。

それを契約書で確認できれば、お客さんを引き継げたとなる。

しかし、契約書なんて水臭い、口約束で十分でしょう、と。

譲り手の先生からそう言われると、直ちに顧問契約の締結とはいかない。

しばらく業務を続けるなかで、契約書の締結のチャンスを待つ。

ISO等を取得している法人などでは、その認可基準をクリアできず。

そこは我慢して、まず承継した顧客をゆっくり説得する。

契約より顧問として認められるのが、承継成功の法則。

規則に縛られることなく、実情にあった扱いをする、まあこれですね。

あまりに顧問契約書の締結を急ぎすぎると、お客は逃げちゃいます。

契約書がなくても、お客はついてきます、前の先生がしっかりしていれば!

事業承継・M&A支援室長
大滝二三男

  • この記事を書いた人

大滝二三男

事業承継・M&A支援室長

-未分類

Copyright© エヌピー通信社 事業承継・M&A支援室 , 2021 All Rights Reserved.