エヌピー通信社だからできる会計事務所のための事業承継サービス

エヌピー通信社 事業承継・M&A支援室

ご相談随時受付中

事業承継ホットライン(通話料無料!!)

TEL:0120-800-058 FAX:0120-813-366

未分類

税理士の業務は、顧問先の経理実務を一からチェックすることか?

投稿日:

顧問先の記帳代行をしている税理士事務所では、経理事務もフォロー。

経理業務で仕訳などで顧客の手を煩わせることは、あり得ない。

しかし、顧問先が経理を行っている税理士事務所では、チェックが必要。

仕訳された帳簿と領収書を突き合わせて、仕訳の正否を確認する。

たとえば、会議費に仕訳されたものが、実際は交際費だったりする。

なかには、職員だけが飲食をした費用を交際費にしているケースもある。

税理士として、日頃から指導をしているのだが、経理担当者が従わない。

というのも、上司が税理士の指導を認めないので、経理はどうしようもない。

経理担当者を叱っても、経営者がそれで良いというのだから、仕方がない。

儲かっているから、経費を否認されても、税金を払えば良いだろう。

そんな言葉が顧問先の社長から出てくると、「まあ良いか」ともなる。

でも、税理士としては、我慢ならない、余計な税金は払う必要はない。

しかも、自分が行う税務申告で、過った経理は許せないというのが普通。

税金の多可の問題ではない、申告書の正誤は何より重要。

一件でも誤った申告をすれば、他の申告も同じ目で税務署は見る。

それが許せないので、いい加減な仕訳は認められないというのだ。

まさに、専門家としての正しい姿勢であるだけに、そうありたいと思う。

聞くにつけ、税理士として様々な客に対応する苦労に気づく。

まさに現役で四苦八苦している税理士からは、こんな話は聞けない。

辞めたいが辞められない税理士の苦労話だから、納得もできようというもの。

正月早々、税理士さんの苦労話をじっくり聞けた次第。

明日はどんな話が聞けるのか、楽しみです!

事業承継支援室長
大滝二三男

  • この記事を書いた人

大滝二三男

事業承継・M&A支援室長

-未分類

Copyright© エヌピー通信社 事業承継・M&A支援室 , 2020 All Rights Reserved.