エヌピー通信社だからできる会計事務所のための事業承継サービス

エヌピー通信社 事業承継・M&A支援室

ご相談随時受付中

事業承継ホットライン(通話料無料!!)

TEL:0120-800-058 FAX:0120-813-366

未分類

久しぶりに届いた年賀状、はたしてその思いは?

投稿日:

元旦に配達された年賀状の中に、おやっと思われる葉書を1通発見。

10年近く前までは交流もあったのだが、最近は御無沙汰の先生からのもの。

都内で開業40数年の大ベテラン、ここ数年はお名前も聞かなくなっていた。

印刷された年賀はがきの余白に、自筆で近々会いたいとのエールがある。

先生の仕事始めの昨日、賀状の礼と共にアポ取りの電話を入れた。

御無沙汰の失礼を詫び、面談を約束したが、内容は会ってから話すとのこと。

「私も歳だから、そろそろ考えなきゃね」と、暗に事業承継をにおわす。

事務所への電話で、職員に聞かれてはまずいと、具体的な話は後回し。

これまでにも年賀状に、それとなく事業承継を依頼するものがあった。

それも直接言いづらいのか、交流が滞っていた先生からのものが多い。

これはこちらの対応が不味かったからだが、私からせっつくことは出来ない。

そんな失礼は許されないから、どうしても待ちの対応となる。

年賀状などは必ず出すように心がけているが、賀状リストから外してしまう。

出さないときに限って、今回のような意味深な賀状が届けられる。

全く不思議なもので、今回はどうなるのか、会ってみなければ分からない。

もし具体的に事業承継の依頼であれば、その経過もお知らせします。

ただし、事細かな話は当然アウト、守秘義務は果たしますから。

来週から、今回の話を含め、現在進行中の案件の処理に動き出します。

でも、明日からはまた3連休、体と頭がいうこと聞くだろうか、心配です。

事業承継支援室長
大滝二三男

  • この記事を書いた人

大滝二三男

事業承継・M&A支援室長

-未分類

Copyright© エヌピー通信社 事業承継・M&A支援室 , 2021 All Rights Reserved.