エヌピー通信社だからできる会計事務所のための事業承継サービス

エヌピー通信社 事業承継・M&A支援室

ご相談随時受付中

事業承継ホットライン(通話料無料!!)

TEL:0120-800-058 FAX:0120-813-366

未分類

お客さんが事業承継を認めてくれない、どうしたらいいの?

投稿日:

80歳を迎えたある地方都市の先生から、事業承継の相談が来た。

顧問先は減らしてきたが、残った顧問先を譲りたいが問題があるという。

一番の顧問先の社長が、自分でなければ認めない、死ぬまで頼む、

と言って、過去に後継者候補を紹介したが、了承されなかった。

年齢も80を越え、体調にも自信がなくなってきたので、もう限界と判断。

頑固な顧客を納得させられる優秀な先生を紹介してもらいたい、との相談。

事務所のある地方都市には、適格な先生の登録はない。

そこで、税理士法人の支店誘致を提案し、先生は社員税理士就任を提案。

先生は死ぬまで在籍することができると、大賛成。

しかし、問題は支店を任される税理士を、顧問先が認めるかどうかだ。

税理士法人の存在を知らない社長が、東京から来る人を気に入るかどうか?

担当する税理士が気に入らないと文句がでて、契約解除となる可能性もある。

そうなると、先生の事務所の売り上げの30%近くがなくなる。

税理士法人にしてみれば、支店開設のメリットが全くなくなってしまう。

それだけに、この頑固社長が事前に支店開設に理解を示す必要がある。

それも、長期に渡って契約を継続する約束が、必要条件となる。

頑固社長にしてみれば、そんな約束できるわけがない。

そう考えているだけでは、話は前に進まないことになる。

そこで先生との下交渉を始めることで、第一歩を踏み出すことになった。

かなり難しい案件だが、過去の似た案件を参考に対応していくことに。

時期的には確定申告終了と共に動き出すことで、先生も了承。

この案件が無事軟着陸したときに、改めてご報告しましょう。

それにしても、お客さんの意向で、事業承継が遅れることもあるんですね。

事業承継支援室長
大滝二三男

  • この記事を書いた人

大滝二三男

事業承継・M&A支援室長

-未分類

Copyright© エヌピー通信社 事業承継・M&A支援室 , 2020 All Rights Reserved.