エヌピー通信社だからできる会計事務所のための事業承継サービス

エヌピー通信社 事業承継・M&A支援室

ご相談随時受付中

事業承継ホットライン(通話料無料!!)

TEL:0120-800-058 FAX:0120-813-366

未分類

還暦は60歳、でも、今の゛還暦゛は70歳(古希)だと言います、さて?

投稿日:

税理士で事業承継した平均年齢を質問する先生は、実に多い。

ご相談される最初の質問が、この平均年齢であることに気づく。

質問される先生自体が、ご自身の゛定年゛を考えている時の質問だろう。

事業承継の相談を受けた先生の平均年齢となると、数の上では65歳前後。

実際に事業承継された先生は、40歳代から90歳超までと幅広い。

平均年齢は参考になるかもしれないが、意思を固めるのはあくまでも個別事情。

単純に年齢で決めるものでもない。

ある先生は、70歳で相談をスタートして、つい先日、75歳で契約完了。

また、初めての相談が6年前で、これまた今年契約完了した66歳の先生もいる。

決まりの良い年齢を自らの゛定年゛とするケースが、多いように感じる。

最も年齢に関係なしの例は、不治の病で後継者を探す事案。

この例では40代後半で、すい臓ガンで倒れ、契約後数日で亡くなった先生も。

また、肺癌を患い、7年後に再発し、73歳で事業承継契約された先生、

かと思えば、女性職員が辞めるまで事業を続けた88歳の元気な先生、

また、後継者に逃げられて、89歳まで指揮を取り続けた先生、

これらの高齢の先生には病に関係なく、まさに現役税理士を全う。

結論は実に簡単で、病以外では、気力を失ったときが退け時。

ですから、一般企業からの転出組には、65歳を区切りにする先生も多い。

これは元同僚たちが、定年後自由になっている姿を見て、自分も、となる。

しかも、子供たちも独立し、孫の成長が楽しみとなると、興味はそちらに。

従業員対策などの面倒から解放されたいと、再雇用を条件に事業承継。

このように平均年齢はあくまで参考程度、先生の事情で判断。

当然のことですが、これが冒頭の質問の答えとなります。

そう、米寿を過ぎ、卒寿も過ぎた人もいますから、還暦も古希も関係ないようですね。

事業承継支援室長
大滝二三男

  • この記事を書いた人

大滝二三男

事業承継・M&A支援室長

-未分類

Copyright© エヌピー通信社 事業承継・M&A支援室 , 2020 All Rights Reserved.