エヌピー通信社だからできる会計事務所のための事業承継サービス

エヌピー通信社 事業承継・M&A支援室

ご相談随時受付中

事業承継ホットライン(通話料無料!!)

TEL:0120-800-058 FAX:0120-813-366

未分類

コンサルの途中で、手数料を10倍にするとは、聞いたことがありません?

投稿日:

今やM&Aは、後継者不足を理由に、あらゆる業種で盛んに行われている。

業種に特化したM&Aコンサルタントも、個人から法人まで種々雑多。

M&Aに絡んでコンサルタントによる不法行為も、マスコミを賑わす。

そんななかで、ある資格ビジネスの事業承継で、珍しい゛事件゛が、、、

税理士同様に国家資格を持っている人しか、事業承継できない業種。

経営者であった父親が死亡し、息子さんは無資格者。

事務所内には数人の資格者がいて、彼らに事務所を譲ることが父親の遺言。

息子さんは交渉事が苦手ということで、某コンサル会社と契約。

それに基づき、コンサルと事務所内の資格者の間で、交渉が開始された。

詳細は分からないが、承継の対価で折り合いが会わず、交渉決裂。

何としても、資格者に承継しなければ、事務所は解散しなければならない。

そうなると、息子さんには親父さんの゛遺産゛は一切渡らなくなる。

息子さんには、自ら引き受け手を探すこともできず、コンサルに全面委託。

そこで、突如突きつけられたのが、コンサル契約の更新。

その内容は、コンサルの手数料が、なんと10倍に引き上げられたのだ。

藁をも掴む思いの息子さんは、その提案を抵抗することなく受けてしまった。

人の弱味に付け込んだとも、言われてもしょうがない強引な値上げ。

実際にこんな例があるのだろうかと、M&A業者に訊いてみた。

誰もが、そんな話は聞いたことがないと言い、嘘でしょう、とも言う。

その手数料は、5%から50%になり、最終的に1億円で事務所は売却。

そう、依頼主より、コンサルタント会社の方の取り分が多いのだ。

売却代金を受け取った依頼主は、その収入を雑所得として申告する。

もちろん、手数料は経費になるが、税金を払うと3000万円しか手に入らない。

最初の契約から考えると、およそ3000万円が無くなったことになる。

実際の税金がどうなるかは定かではないが、コンサル会社は大儲け。

さてさて、このような契約変更が認められるのだろうか?

そもそも、依頼主が認めてしまったのだから、法的には問題なしか?

騙しとは言わないまでも、信義則に反するように思うのだが、いかに。

弊社のこれまでの仲介案件で、途中で契約変更をしたことはない。

しかも、譲り手の最大利益を追求した処理をしてきたので、理解不能。

こんな事例があるんですね、業者は慎重に選びましょう!

事業承継支援室長
大滝二三男

  • この記事を書いた人

大滝二三男

事業承継・M&A支援室長

-未分類

Copyright© エヌピー通信社 事業承継・M&A支援室 , 2020 All Rights Reserved.