エヌピー通信社だからできる会計事務所のための事業承継サービス

エヌピー通信社 事業承継・M&A支援室

ご相談随時受付中

事業承継ホットライン(通話料無料!!)

TEL:0120-800-058 FAX:0120-813-366

未分類

事業承継だけで超大法人ができるわけではありません、そうですよね。

投稿日:

この数年で、大規模税理士法人が続々と生まれてきました。

税理士事務所の経営をこれまで同様では、顧客もついてこなくなります。

個人事務所が提供できるサービスも、法人にはかないません。

担当者が気に入らなければ、法人の場合は交代も可能。

でも、人材に限界のある個人事務所では、そう簡単にはいかない。

担当者の気分を害すると、良い仕事をしてもらえないと考えることもある。

だから、思い通りの要求はできにくいと、顧問先も我慢をする。

最終的には意見を言わずに、そのうち契約を打ち切るか、諦める。

こうなると、所長と顧問先との良好な関係は、どこかに行ってしまう。

あまり深い関係は求めず、ビジネスライクにやるなら、法人が良い。

顧問先も担当者に積極的に意見を言う、それに対して担当者も回答する。

自らの権限ないで回答するわけだが、受け入れられなければ、身を引く。

担当換えを上司に要求するケースも出てくる。

それくらい積極的なほど、組織力は発揮される。

その組織が強化されてくると、規模も拡大し、人材も集まる。

まさに好循環で、人材が集まれば、自然と組織も拡大してくる。

顧客も口コミなど、評判の良い法人に集まってくる。

結果として、大規模税理士法人が誕生してくる。

同時に、税理士法人同士の合従連衡が起こり、更に大規模法人に成長する。

まさに、監査法人が35年を要したビッグ5の時代までの経過が参考になる。

今後5年で、本当にどでかい税理士法人が数社出来てくるだろう。

その時、個人事務所の経営はどのような形になるのか、気になるところだ。

人が組織を作り、組織が人を成長させる、そんな言葉が業界にもぴったりに。

大法人への成長過程で、小規模の事務所はその礎になりつつもある。

事業承継コンサルは、まだまだ緒についたところで、時代が要求する。

事業承継支援室長
大滝二三男

  • この記事を書いた人

大滝二三男

事業承継・M&A支援室長

-未分類

Copyright© エヌピー通信社 事業承継・M&A支援室 , 2020 All Rights Reserved.