エヌピー通信社だからできる会計事務所のための事業承継サービス

エヌピー通信社 事業承継・M&A支援室

ご相談随時受付中

事業承継ホットライン(通話料無料!!)

TEL:0120-800-058 FAX:0120-813-366

未分類

親父さんのやり方に反対の後継者が、反旗を翻し、事務所を閉鎖 !

投稿日:

息子の税理士は、4科目合格後か最後の一科目が受からず、大学院に。

試験合格組に親父さんは、その事を理由に息子を疎んじていた。

息子に対して、実務的な指導は一切なく、息子は独習。

事務所の職員たちの業務を見ながら、顧客との対応も研究した。

そんな期間が長く続き、息子も独り立ち出来るようになっていた。

そんな姿を見ながら、親父さんは息子に多くを語らなかった。

体に異常が出る年齢になった親父さんだが、健康には自信があった。

しかし、そんな親父さんも自らの体調が思わしくないことに気づいた。

そこで、息子に事務所を継ぐように、その思いを告げた。

後継者として事務所に入れたと思っていた親父さんだが、息子は違った。

親父さんの顧客に対する態度や職員への対応に、大反発していた。

その根底には、5科目合格できなかった自分を軽蔑する父親がいた。

もちろん、口には出さない親父さんだが、その態度に息子は感じていた。

当支援室では、この親父さんからの要請を受けて、仲介をに乗り出した。

実際の交渉役には、なんと息子さんが指名され、こちらもビックリ。

税理士資格を持ち、実務もできる息子さんが何故引き継がないのか?

初めて息子さんと面談したときに、率直に訊いてみた。

その答えが、親父の事務所を継ぐ気はないし、税理士も辞めます、と言う。

親父さんの事務所が嫌でも、税理士を辞めなくても良いのではと訊くと、

父親の希望で試験を受け続け、結果は免除で資格を取得。

資格を得たものの、父親の冷たい目は受け続けてきた。

そんな薄情な父親の職業を継ぐ気はないし、継がないことで報復ができる。

なんと、親子間の感情のもつれは修復不可能なのか、対応は不可能。

事務所自体は税理士法人に承継できたが、息子さんは宣言通り。

事務所の引き継ぎ業務が終わると、自らの身を退き、自由の身に。

親父さんはその後寝た切りとなり、70代後半の人生を終えた。

こんな辛いケースもあるんです。

事業承継の仕事をしていると、人生を考える様々な出会いがあります。

単純に事務所の引き継ぎを仲介していれば、良いわけでもないようです。

事業承継支援室長
大滝二三男

  • この記事を書いた人

大滝二三男

事業承継・M&A支援室長

-未分類

Copyright© エヌピー通信社 事業承継・M&A支援室 , 2021 All Rights Reserved.