エヌピー通信社だからできる会計事務所のための事業承継サービス

エヌピー通信社 事業承継・M&A支援室

ご相談随時受付中

事業承継ホットライン(通話料無料!!)

TEL:0120-800-058 FAX:0120-813-366

未分類

昨年暮れに契約完了した事務所から、一通の礼状が届きました。

投稿日:

20年以上、父親の税理士の下で業務に取り組んでいた青年から。

父親が軽い脳梗塞にかかり、日々の業務に支障がでかかっていた時期に

実務を任されていた息子さんが父親を説得し、法人との経営統合を選択。

それまでの息子さんは、なんと毎月100~200時間の残業を強いられた。

というのも、所長の体調が長期間優れず、事務所を仕切っていたため。

職員の業務を指導した後での自分の仕事は、どうしても深夜まで及ぶ。

父親がチェックできない状態が続き、事務所業務にに問題山積。

年末から確定申告のことを考えると、一人で乗り切っていく自信はない。

かと言って、父親に事務所を辞めるとも言えない。

そこで、弊社に相談となったわけだが、答えは簡単に出た。

引き受ける法人から、息子さん中心に業務を継続することが条件。

父親の税理士業務は、法人から派遣される税理士がフォローすることに。

法人として、支部を設立し、事務所、職員もそのままに経営統合した。

所長税理士も社員税理士として、支部を代表する形で万全の体制に。

ところが、父親の税理士が再び脳梗塞に襲われ、復帰できなくなった。

これが個人事務所のままだったら、果たして事務所を継続できただろうか

ところが法人の支部として再出発していたので、新社員税理士もすぐに就任。

息子さんも一切不安を感じることなく、日々の業務に邁進。

お客さんにも何ら不自由を感じさせず、お客を守ることができているという。

病に倒れた所長も引退はしたが、事務所が守れたことで、ひと安心。

礼状では、本当に良いタイミングで経営統合ができたことへの感謝の言葉。

日々一生懸命仕事に取り組んできた、それをきっと天は見ていたのでしょう。

もちろん、青年の残業はげきげんしたことは、言わずもがなでした。

実に嬉しい内容でしたが、一通でも多くの礼状が届くよう頑張りましょう。

事業承継支援室長
大滝二三男

  • この記事を書いた人

大滝二三男

事業承継・M&A支援室長

-未分類

Copyright© エヌピー通信社 事業承継・M&A支援室 , 2020 All Rights Reserved.