エヌピー通信社だからできる会計事務所のための事業承継サービス

エヌピー通信社 事業承継・M&A支援室

ご相談随時受付中

事業承継ホットライン(通話料無料!!)

TEL:0120-800-058 FAX:0120-813-366

未分類

事業承継は早目にしたいが、直ぐに手許から離れるのは不安!

投稿日:

税理士事務所は、所長が作り上げた゛作品゛と言っても、言い過ぎではない。

主役である税理士個人の人生そのものが、その事務所に詰まっている。

その助演者の一番手が、人生のパートナーである配偶者だろう。

その゛作品゛を何時までも手もとに置いておくには限界もある。

資格ビジネスの宿命で、資格のない家族に゛演技゛を続けることは許されない。

主役が引退しなければならないとき、助演者達も身を引くことになる。

まさに、家族で築き上げた舞台を手放すことになるわけだ。

主役である税理士が肚を決めたからといって、舞台から去りがたい。

しかし、事業を承継するからには、主役交代は絶対の条件。

交代する主役も自分で決めたのだが、様々口を挟みたい。

長い時間をかけて、経営の面倒を見てきたお客さんも自らの゛宝物゛。

顧問先の種々の問題点も指摘し、適切なアドバイスをしてもらいたい。

事業を継続できたら、その時々で親身な対応もやり続けられる。

そう考える主役だが、肚を決めたら承継者の邪魔になってはいけない。

でもでも、一日でも長く付き合っていたいというのが、本音。

体さえ言うことが効けば、歳に関係なく、舞台からは降りる気はない。

そこで、゛助演者゛として、舞台に置いてもらいたいと交渉する。

邪魔にならなければ、それも良いでしょう。

長い付き合いの顧問先も先生がいることで、継続性を信じる。

代わったばかりの税理士に相談をするのは、すこし抵抗を感じる。

その点、顧問先の経営者にとっても、安心できる゛助演者゛がいる。

承継者にとっても、主役交代は一大事。

上手くいって当たり前のことに、失敗すれば、お客も離れてしまう。

そこを助けてくれるのが、譲り渡した税理士。

舞台から直ぐに降りるのではなく、時間をかけても良いのかもしれない。

事業承継支援室長
大滝二三男

  • この記事を書いた人

大滝二三男

事業承継・M&A支援室長

-未分類

Copyright© エヌピー通信社 事業承継・M&A支援室 , 2020 All Rights Reserved.