エヌピー通信社だからできる会計事務所のための事業承継サービス

エヌピー通信社 事業承継・M&A支援室

ご相談随時受付中

事業承継ホットライン(通話料無料!!)

TEL:0120-800-058 FAX:0120-813-366

未分類

税理士事務所に隠れ借金はあるのだろうか、ありませんよね。

投稿日:

企業のM&Aで、必ずしも確認しなければならないのはポイントがある。

公的な機関以外から、企業が借金をしていないかどうか、

いわゆる、隠れ債務があるか、ないか、最重要項目のひとつだ。

M&A契約が終了し、新たな経営者として、業務をスタート。

契約と同時に事業譲渡の対価を支払うのが、普通。

事業開始とともに譲渡資金の回収も始まることになる。

ここに隠れ債務が表面化すれば、新経営者に新たな債務が発生する。

当然、隠れ債務がないものとして、契約しているだろう。

それでも、新経営者が負担せざるを得ない隠れ債務もあるから面倒だ。

一方、税理士事務所の事業承継の場合はどうか?

事業の譲渡の中身は、顧問先を引き継ぐことがすべて。

事務所の評価も顧問料を基にするので、その他の要素はほとんどない。

さらに、会計システムなどのリースを除くと、負債もない。

それだけに、引き継ぐことになるだろう隠れ債務はあり得ない。

所長から運転資金を借りているとしても、個人の財布はひとつ。

それもボーナス時期に一時的な資金不足で、金融機関から短期資金を確保。

冬のボーナスで資金を手当てしても、確定申告時に返済。

借金が長期に及ぶのは、事務所の建物代金くらいのもの。

これも事業を譲渡するときには、既にローンは終わっているか、残りも少々。

事業譲渡の対価で支払完了、隠れ債務も個人のもので、引き受けられない。

その対価も3年から5年で回収できるのが、税理士事務所の事業承継。

ただし、ある程度の規模の事務所の場合、職員を引き継ぐのが肝だ。

だから、税理士事務所を引き継ぐことができれば、事業は拡大できる。

費用も企業のM&Aのように数十億円必要ということもありません。

もっとも、数年後にはそういった規模の事業承継も出る可能性はあります。

ですが、普通の事務所であれば、隠れ債務なし、対価も1億円まででしょう。

これからも、税理士事務所の事業承継は盛んになること、間違いなし。

まともな仲介業者を選ぶことが、成功のポイントになるでしょう。

事業承継支援室長
大滝二三男

  • この記事を書いた人

大滝二三男

事業承継・M&A支援室長

-未分類

Copyright© エヌピー通信社 事業承継・M&A支援室 , 2021 All Rights Reserved.