エヌピー通信社だからできる会計事務所のための事業承継サービス

エヌピー通信社 事業承継・M&A支援室

ご相談随時受付中

事業承継ホットライン(通話料無料!!)

TEL:0120-800-058 FAX:0120-813-366

未分類

税理士事務所は数を求める仕事、果たしてあなたは?

投稿日:

税理士業務で、組織を維持しようとすれば、数を追うのが普通。

顧問先が多くなれば、新たな顧客を獲得できる可能性も高くなる。

口コミの可能性は、数が増えれば、それだけ多くなることは当然のこと。

だから、経営者は、職員にもお客さんを増やすように指導する。

お客を増やすことが、組織を維持するための最終の手段であること、

それを職員に理解させ、行動を起こさせることができるだろうか。

そう、それができた税理士事務所の経営者たちが、生き残る。

実際に、組織を拡大できている税理士は、これらをよく知っている。

自らの営業で拡大が十分でなければ、事業承継で大きな網を張る。

そこには、事業承継を求める先生への理解も深い。

働く意欲があるのだが、組織を維持するのはしんどい。

そんな先生に対しては、好きな業務を好きなときにやってもらう。

税理士は仕事が好きなのだが、経営は面倒くさい。

長年、職員の面倒を見てきたが、そろそろ解放されたい。

でも、その方法が分からないし、どうしたら良いのだろう。

こんな税理士が事業再編等の業務には対応できないのは、当然の話。

ところが、税理士に顧問先から事業承継等の相談は、増える一方。

小規模の税理士事務所では対応できない、税務を越えた事案が数多く発生。

実際に、金融機関やコンサル会社そして税理士法人が、全国規模で競争。

大規模法人ばかりか、地域一番店も、他業種のコンサル会社と競う。

それに打ち勝った税理士事務所が生き残る、そんな時代になっています。

税理士事務所は、はたして税務だけで生き残れるのか。

大規模税理士事務所では、とっくに解決済みだが、

小規模事務所では、まだまだそこから脱皮できない。

数を追い求めなけれならないのは、大小ともに税理士の宿命。

自分の思う規模で、仕事ができる、それが税理士だが、はたして。

事業承継支援室長
大滝二三男

  • この記事を書いた人

大滝二三男

事業承継・M&A支援室長

-未分類

Copyright© エヌピー通信社 事業承継・M&A支援室 , 2020 All Rights Reserved.