エヌピー通信社だからできる会計事務所のための事業承継サービス

エヌピー通信社 事業承継・M&A支援室

ご相談随時受付中

事業承継ホットライン(通話料無料!!)

TEL:0120-800-058 FAX:0120-813-366

未分類

地元の若者を育てたいという税理士、でも要求はきつい!

投稿日:

30年以上、細々と続けてきた会計事務所経営、

突然襲った不治の病、数年前から歩くのも辛い、

若者に事務所を引き継ぎたいと思うに至った今日この頃。

同業者の子弟を選んで、共に仕事をしてみた。

しかし、自分の事務所を自分の好きな場所でやりたいと言う。

先生にしてみれば、自分の事務所使って欲しい。

お客をただで引き継がせるのだから、事務所を使うのは当然だと考える。

一方、若者は「引き継いであげる」のだから、自分の事務所でやる。

引き継ぎも1年間はかけて、じっくりやりたい所長。

すぐにも独立したい若者との関係も、一月も経たないうちに破談。

その後、数人の若者と面談したが、「これは!」という若者には会えず。

時間がないという先生だが、安易な妥協はしたくない。

自分の一生をかけて取り組んだ事務所経営を、安売りしたくない。

お客さんも自分がいるからこそ、長い間付き合ってくれている。

自分がいなくなれば、離れていくに違いないとも考える。

若者はそうは考えない、

若い自分がと契約してもらえれば、長期間サービスを提供できる。

お客の事業承継後にも、改めて長区付き会えるとも考える。

こうなると、先生から事業を譲り受けるのは不可能。

そう、後継者を育てることが可能な事業規模を作れなかった先生。

というより、元気なうちは後継者のことなど、実は考えもしなかった。

いざ、事務所を引き継ごうとしたときに、エゴを通すのは高いハードルに。

若者にはそれほど度量に広いひとはいないし、老先生も同様。

果たして、先生が後継者を育てることができるのだろうか?

まだ後継者が決まらない先生の焦りも、日を追って積ってくる。

大きな事務所より、小規模の先生の方が、後継者対策は厳しいのか。

事業承継支援室長
大滝二三男

  • この記事を書いた人

大滝二三男

事業承継・M&A支援室長

-未分類

Copyright© エヌピー通信社 事業承継・M&A支援室 , 2020 All Rights Reserved.