エヌピー通信社だからできる会計事務所のための事業承継サービス

エヌピー通信社 事業承継・M&A支援室

ご相談随時受付中

事業承継ホットライン(通話料無料!!)

TEL:0120-800-058 FAX:0120-813-366

未分類

都知事も腹が決まらない、実は事業承継も同じ?

投稿日:

舛添東京都知事の進退が、なかなか決まらない。

本人はリオオリンピックが終わるまで、待ってほしいと懇願。

見苦しいと思うが、進退問題はこんなものだろう。

事業承継でも、自らが話を始めながら、実際には進まない事例も。

そう、やはり表舞台から去るのは、年齢に関係なく、大変なこと。

税理士事務所の所長の進退は、もちろん不都合なことは一切ない。

経営の第一線から身を引く話だから、本人が決めるのが一番。

後継者がいれば、比較的スムーズに承継は行われる。

所長の子弟であれば、時間はかかっても、問題なく行われる。

しかし、勤務税理士が後を継ぐとなれば、所長の家族との暗闘も。

このような状況になるのは、所長の判断が明確になっていないケース。

所長が腹を決めて対応していれば、闘いは起きない。

同じように、師弟の資格者や勤務税理士がおらず、後継者を探す場合、

仲介業者が適格者(法人)を紹介することになるが、ここで問題。

話の中途で、相談者の対応が鈍くなる。

そう、仲介者の要請に対して、回答する時間が長くなってくる。

そのうち、返事がまともでなくなってくる。

こうなると、仲介者も返事を早くするよう強制ことはしない。

実際に、先生の腹がふらふらしているわけだから、判断は出来ない。

やはり、長年続けてきた仕事から離れるのは、辛い。

そこを、何故だと、問い質すことは、出来ない相談。

ここはじっと待つのが、仲介者の仕事だろう。

これまでの経験で、実際6年以上も待ったこともある。

その結果、先生も腹を決め、事業承継を無事済ませたのが、最近の事例。

舛添某とは、当然立場も違うが、腹を決めること、人生の一大事ですね。

事業承継支援室長
大滝二三男

  • この記事を書いた人

大滝二三男

事業承継・M&A支援室長

-未分類

Copyright© エヌピー通信社 事業承継・M&A支援室 , 2020 All Rights Reserved.