エヌピー通信社だからできる会計事務所のための事業承継サービス

エヌピー通信社 事業承継・M&A支援室

ご相談随時受付中

事業承継ホットライン(通話料無料!!)

TEL:0120-800-058 FAX:0120-813-366

未分類

あるんですね、職員のわがままを所長が許してしまった事務所が!

投稿日:

実は半端ではありません。

職員が銀行印も管理し、給料支給の際の判も番頭さんが捺している。

嘘でしょう、と質してみると、先生は「そうだよ」の答え。

そのことで、なにか問題があるのかといった感じ。

先生は高齢で、面倒なことは職員任せ。

事務所が問題なく、回っていけば良い、そんな考えの所長さん。

でも、税理士事務所の常識を大幅に逸脱しています。

というより、経営者と労働者という枠組みを大幅に越えているんですね。

先生は経営者の責任を果たさず、職員はそれを良いことにしたい放題。

なんと、給与やボーナスも所長の判断を仰がず、番頭さんが決めている。

昨年暮れのボーナスも、業績が落ちたが、前年より増えていたという。

同僚の職員にとっては、実に良い番頭さんで、所長以上の存在。

そんな事務所にも、事業承継の日がやって来た。

先生に認知症の徴候が出て、税務判断もおぼつかなくなったのだ。

職員の生活に重きを置き、給与も業界の平均より高く支給してきた。

だから、この数年業績は下がっていたが、ベースアップはした。

しかも、その判断の下支えしたのが、一番古手の番頭さん。

もちろん、給与も一番で、なんと先生の所得より格段に多い。

先生はお子さんたちも定年を迎えるほどなので、お金は必要ない。

そんな状況のなか、先生も引退を考えるようになった。

一番の古手職員もこの事を察知し、自らの雇用を考え、動き出した。

そこには先生の居場所はない、そんなアイディアを堂々と主張する。

同僚たちには、自分の言う通りに動けば、雇用は守れるとも言う。

ここまでの話で、読まれた人はきっと、嘘でしょう、というはずです。

でも、事実です。こんな怖い、嘘みたいな話があるんですね。

多分、この職員がいなければ、事務所を引き受ける人もいるでしょう。

今後、この事務所がどうなるのはわかりませんが、これは大変ですね。

職員に優しかった先生でもっていた事務所が、なくなってしまう。

何とか先生の歴史を引き継いでくれる人がいることを。

そして、野望のない職員たちの雇用が守られることを願うばかりです。

事業承継支援室長
大滝二三男

  • この記事を書いた人

大滝二三男

事業承継・M&A支援室長

-未分類

Copyright© エヌピー通信社 事業承継・M&A支援室 , 2020 All Rights Reserved.