エヌピー通信社だからできる会計事務所のための事業承継サービス

エヌピー通信社 事業承継・M&A支援室

ご相談随時受付中

事業承継ホットライン(通話料無料!!)

TEL:0120-800-058 FAX:0120-813-366

未分類

今週はほとんど休み、カレンダー通りの勤務は゛乗り゛ませんね。

投稿日:

ゴールデンウイークも前半が終了、家にいるばかりでは体も鈍ります。

税理士さんのお誘いがあり、昨日ゴルフに出掛けました。

絶好の日和で、冬に比べボールも心なしか飛んでいた。

年々、筋力は落ち、若いときを懐かしむことが多くなった。

そう、硬くなった体も、20度を超える暖かさで柔らかくなった感じ。

10歳以上年下の税理士さんの豪快な飛ばしに、羨ましく思うこと頻り。

それでも、スコアはごまかしの効き、こちらに゛軍配゛

プレー終了後の゛反省会゛では、業界の将来が話題になり、時を忘れた。

先生いわく、職員が辞めるので後任を探したが、人がいない。

この傾向は一層強くなるだろうから、事務所経営は難しくなる。

クラウドを使って顧問先の自計化を図るも、そこにも人がいない。

記帳代行はなくなると言われるが、本当にそうなるか、疑問だとも。

確かに人手不足は、税理士業界だけの悩みではない。

世界一の生産量を誇るトヨタ自動車でも、作れば売れるのだが、作れない。

これも、製造ラインの担い手である期間工が集まらないため。

期間工を集めるため、担当者が1週間出張し、獲得できるのは一人がやっと。

製造業も生産を増やすためには、外国人に頼るしかないようだ。

機械相手ならそれも出来るが、客商売の税理士事務所は、人が命。

税理士一人で仕事をするには、あまりに非効率。

記帳などは職員に任せ、顧客の様々な要求には、先生が対応。

それが基本中の基本だが、その担当者が見つからない。

反省会の結果は、50代前半の先生、人がいなければ事務所を閉めるという。

事務所を閉めることができれば良いが、そう簡単ではないはず。

職員が一人でもいれば辞められないし、辞めたくもないだろう。

゛労働寿命゛も長くなるだろうは、頭は動かなくなる。

そうなると作業効率は悪くなるだろうから、コストも合わなくなる。

暗い話に終始したゴルフの反省会だが、業界の先行きは不安だらけ。

個人事務所の先生の話だが、法人でも同じ話が尽きない。

大型の法人でもこの傾向が強くなっていること、事実のようだ。

今年の超大型連休、長期で休ませたいが、休めないのが実情。

そう、カレンダー通りにならざるを得ないという。

もっとも、3月決算法人の申告業務もあり、長期間の休暇はできない相談か?

事業承継支援室長
大滝二三男

  • この記事を書いた人

大滝二三男

事業承継・M&A支援室長

-未分類

Copyright© エヌピー通信社 事業承継・M&A支援室 , 2020 All Rights Reserved.