エヌピー通信社だからできる会計事務所のための事業承継サービス

エヌピー通信社 事業承継・M&A支援室

ご相談随時受付中

事業承継ホットライン(通話料無料!!)

TEL:0120-800-058 FAX:0120-813-366

未分類

後継者のいないの税理士から、経営統合相手に指定されたが!?

投稿日:

税理士会や各種研究会で旧知の税理士から、久しぶりの電話が来た。

ここ数年は、年賀状を交換する程度の付き合い。

だから、最近の電話の主の情報は、全くゼロに等しかった。

受話器から聞こえてくるその声は、さすがに歳を感じさせた。

最近の状況を聞いてみると、あまり元気がない。

顧問先は倒産や後継者問題で廃業するなどで減少傾向に。

事務所の後継者には、息子さんが試験に挑戦していたはず。

しかし、息子さんは税法科目が受からず、税理士を断念した。

ご自身も体調は思わしくなく、後継者もおらず、悩みは深くなる一方。

そこで、税理士法人経営に成功している自分に白羽の矢を立てたという。

電話だけで話を決めるわけにもいかず、会って話を聞くことに。

後日、事務所を訪れた先生から、承継相手は自分しかいないと強談判。

旧知の間柄とはいえ、事務所事情もわからず、簡単に判断できるものではない。

しかも、法人の代表とは言え、重要事項は社員会で決めることになっている。

また、相手の事務所の経営状況を的確に判断することも難しい。

その事を悩んだ税理士法人の代表から、間に立ってもらいたいとの要請。

相手の先生の了解も取った上での話なので、喜んで引き受けた。

同じ要請が、この1週間でなんと2件もあり、年々増えてきています。

相対で話をするときには、金銭問題はなかなか切り出せない。

しかも、相手が要望する金額が適正かどうかの判断も難しい。

そこで、厄介な話は仲介者に任せて、最終判断だけをする。

交渉が順調に進み、互いに満足できる条件で一件落着。

交渉に費やす時間や精神的な苦労を考えると、任せるのが正解。

そのために、仲介者の弊支援室に依頼が来ることになるわけだ。

今回はこれから交渉がスタートするが、必ず喜んでもらえるはず。

両者の期待を裏切らないよう、頑張ります!

相手は決まっているが、仲介を依頼したいという先生、どうか連絡を!

事業承継支援室長
大滝二三男

  • この記事を書いた人

大滝二三男

事業承継・M&A支援室長

-未分類

Copyright© エヌピー通信社 事業承継・M&A支援室 , 2021 All Rights Reserved.