エヌピー通信社だからできる会計事務所のための事業承継サービス

エヌピー通信社 事業承継・M&A支援室

ご相談随時受付中

事業承継ホットライン(通話料無料!!)

TEL:0120-800-058 FAX:0120-813-366

未分類

税理士の事業承継も、やっぱり血は水よりも濃い!

投稿日:

税理士事務所経営は家業であるというのが、一部常識となっている。

それだけに経営を任せるのは、身内に限るのだが、悲しいかな資格ビジネスの宿命。

そう、身内に税理士試験に合格できる人がいないという、現実の直面する。

親として子供の進路を自由にはできないが、何とか資格を取ってもらいたい。

その願いも空しく、大学受験でも税理士には関係のない学部に進んでいく。

親父の仕事を見ていると、精神的にも苦労が多く、あとは継ぎたくないとなる。

さらに、娘さんの場合、事務所で働くものの、資格にはそっぽを向く。

自分には到底受かるとは思えないし、お嫁に行くまでは事務所で”お手伝い”。

しかし、父親は何とか婿さんに資格者を迎えて、後継者にしたいと考える。

そのためにはあらゆる情報網を使い、適任者を探す努力を重ねる。

かつて、税理士の婚活を税理士協同組合が実施していたことがある。

今はなくなったのだが、なぜ辞めたかと訊けば、男は男だけで話す。

うまく男女が話をできるように仲介をするのだが、あまり効果はなかったという。

ここ数年は一般の婚活が盛んだが、ひょっとすると、早過ぎたのかもしれない。

ある税理士さんから、二人の娘さんの婿さん探しを依頼されたことがある。

娘と結婚した税理士に、将来事務所を任せるというのが、その条件。

ところが、女房の親父さんと一緒に仕事をする、これは今の若者にはきつい条件。

昨年、相談を受けたケースでは、娘さんと恋愛結婚した婿さんが事務所に来た。

娘さんも事務所で働いているのだが、婿さんと親父さんの意思の疎通が十分でない。

婿さんも家に帰れば、親父さんに対する批判で、娘さんも疲れ切っていた。

相談内容は、どうしたら婿さんとの話がスムーズにできるかということ。

本当にお悩みの先生も70歳を過ぎ、そろそろ引退を考えているところ。

婿さんと経営の話ができない状態では、引退を決めるわけにもいかない。

そこで実情を詳しく訊いているうちに、非常に簡単な解決策が浮かんでいた。

それを先生に提案すると、疑心暗鬼になっていたが、「やってみます」。

それから1週間後に電話で状況を訊いてみると、なんと感謝の言葉。

今ここで具体的な提案を明らかにはできないが、とにかく婿さんとの話ができた。

恋愛結婚をした婿さんでも、こんな息苦しい関係になるのだから、見合いとなれば、、、

そう、税理士の婿さんを探すのは、非常に難しい。

日ごろから職員の資格者が出るように、頑張らせる努力も必要でしょう。

でもでも、やっぱり娘さんに引き継がせたいんですよね、お宝の山を!

それができなくて、高齢も高齢80代後半まで頑張る先生もいます。

職員として働く無資格者の子弟の生活を守るために、仕事を辞められない。

いつの間にか、そんなに歳を取ってしまったというのが実態のようだ。

そんな先生に後悔はない。しっかり家族を守ってきたという自負があるから。

もし、20代の娘さんに婿さんをお望みでしたら、監査法人に勤務させる手もあります。

そう、若者同士気の合うこともあり、恋愛から結婚へ進んだ実例もあります。

公認会計士の婿さん、若いうちは監査法人にいて、頃合いを見て事務所入り。

孫でもすでにできていれば、親父さんも早々きつくないでしょう。

まさに家族万歳、血は水よりも濃い家族での事業承継ができますよ。

こんな手を使っている税理士さんも実は多いのですが、いかがですか?

事業承継支援室長
大滝二三男

  • この記事を書いた人

大滝二三男

事業承継・M&A支援室長

-未分類

Copyright© エヌピー通信社 事業承継・M&A支援室 , 2020 All Rights Reserved.