エヌピー通信社だからできる会計事務所のための事業承継サービス

エヌピー通信社 事業承継・M&A支援室

ご相談随時受付中

事業承継ホットライン(通話料無料!!)

TEL:0120-800-058 FAX:0120-813-366

未分類

税理士事務所を無資格者が経営、これって本当?

投稿日:

事業承継のパターンは、それほどありません。

案件を具体的に書いてしまうと、誰の事務所か分かってしまう怖れもあります。

そこをデホルメしながら、本当のことを書いてきました。

でも、パターンは一緒ですから、本当に書きにくくなります。

そんな中で、当支援室は様々なケースを経験しています。

最近の傾向として、無資格者からの譲り受けの問合せが増えたこと。

資格ビジネスだから、税理士でなければならないと、承継は不可能。

しかし、若手税理士を雇って、事務所をやっているという。

これらは表に出てこないはずだったが、ここに来て顔を出してきた。

それも何が悪い、税理士がいるのだから問題ないだろう、と開き直る。

そう言えば、関西のある会計法人を訪問した時を思い出す。

この法人から税理士を雇いたいので、紹介できないかという。

その理由が、過去に会計法人に勤務していた税理士が独立。

税務はその税理士に委託し、会計のみの業務を担当する形を継続。

相談があった当時、独立した税理士が法人化し、強気の態度に。

委託費もアップするよう要求し、それも嫌なら辞めるよ的な強談判。

これには元雇用主の会計法人の経営者も我慢ならず、税理士探しに。

相談を受けた当支援室として、税理士を紹介することは断った。

実質的な事務所の経営者が無資格者だから、協力できないと判断。

その後、他業種の法人が税理士事務所を゛支配゛している例が報告された。

それも上場企業だというのだが、その実態は定かになっていない。

しかし、今では税理士法人を持っていると言われる上場企業も。

そんな状況で、当支援室に「売りの事務所はないか?」との問合せ。

あまりに堂々と言われると、こちらも「ありますよ」と答えてしまう。

しかし、この話が実現することはない。

というのも、当支援室では、税理士にしか案件を紹介しないから。

でも、上場企業までが税理士法人を支配しているということなら、

将来的には、資格ビジネスから資格が必要なくなるかも?

事業承継支援室長
大滝二三男

  • この記事を書いた人

大滝二三男

事業承継・M&A支援室長

-未分類

Copyright© エヌピー通信社 事業承継・M&A支援室 , 2021 All Rights Reserved.