エヌピー通信社だからできる会計事務所のための事業承継サービス

エヌピー通信社 事業承継・M&A支援室

ご相談随時受付中

事業承継ホットライン(通話料無料!!)

TEL:0120-800-058 FAX:0120-813-366

未分類

まだまだ多い税理士独りの個人事務所だが、果たして、、

投稿日:

後継者を探していると明言する税理士は、少なくない。

そのほとんどが、勤務税理士を雇ったことがない先生たち。

資格に挑戦する職員はいたが、資格を取ったら辞めてしまった。

そういった経験を持つ先生は、辞めた理由をはっきり言わない。

資格を取った段階で、実は居づらくさせている例もある。

資格者となれば、給料を上げなければならない。

とはいっても、給料を上げたからといって、営業するわけではない。

単純に売上が変わらずに、コストだけが上がり、経営を圧迫する。

さらに、税理士に登録しても、責任はあくまでも所長が負う。

税理士として実力をつけると、知らぬうちに独立する可能性もある。

それも、ちゃっかり担当するお客さんを持っていってしまう。

先日もある税理士さんに聞くと、資格を取ったばかりの若者を採用。

後継者候補ではないが、良く働く有望株として評価をしていた。

その有望株の税理士が、1年後には職員を引き連れて独立。

先生いわく、顧客を゛盗む゛目的で就職し、担当先をたぐらかした。

幸い、その事実をつかみ裁判に訴え、損害賠償を勝ち取ったという。

この例は実はレアケースで、゛盗まれて゛も泣き寝入りが普通。

だから、持ち逃げされたくないので、税理士は雇わない。

職員で試験に合格した人には、登録の際の判子は押すことは了解。

しかし、前述のように経営を圧迫するし、持ち逃げの可能性もある。

そこで、居づらい環境を作り、退職をそれとなく促す。

はっきり、事務所に税理士は自分だけで良いので、辞めてくれと言う先生も。

今は税理士独り、多様な申告内容を判断する時代ではないのだが、、

若手税理士もそんな個人事務所にはいたくないと判断する。

だから、税理士法人に多くの若手が集まり、後継者はますます来ない。

個人事務所の経営は先生一代限り、職員も行先が無くなっていく。

個人事務所の業務提携も確定申告終了後には増えるかも知れない。

事業承継支援室長
大滝二三男

  • この記事を書いた人

大滝二三男

事業承継・M&A支援室長

-未分類

Copyright© エヌピー通信社 事業承継・M&A支援室 , 2020 All Rights Reserved.