エヌピー通信社だからできる会計事務所のための事業承継サービス

エヌピー通信社 事業承継・M&A支援室

ご相談随時受付中

事業承継ホットライン(通話料無料!!)

TEL:0120-800-058 FAX:0120-813-366

未分類

パート職員が正社員 を上回る成績を残す、地方の税理士事務所!?

投稿日:

通常、税理士事務所のパート職員と言えば、入力、記帳が専門。

顧問先の経営に影響するような業務を行うことは、避けるのが普通。

しかし、顧問先から資料を受け取るだけなら、社員でなくてもok。

その仕事に、結婚・出産、その後子育て期の元女性職員が就任。

資料をもらう際に、顧問先の経営者と話す機会も出てくる。

何も分からない人が行くより、元職員だけに顧問先の状況も把握している。

それだけに、顧問先の社長からの信用も厚い。

経営上の悩みも聞くことになることも出来るわけで、所長も安心。

もちろん、多くのパート職員が入力・記帳などに従事するのが普通。

そんななかで、通常の業務時間が子育てには障害になるだけ。

仕事も退職する前の仕事の量を減らすだけで、内容は変わりなし。

パート職員といっても、十分戦力になっているケースが多い。

なかには、顧問先の社長の資産管理業務を担当するパート職員も。

彼女は元々金融機関の経験者で、FPの資格もある、実力者。

たまたま、子育て奮闘中ということで、100%仕事に従事できない。

女性が働ける職場を増やす意味でも、このようなパート職場は重要。

税理士事務所の場合は、それほど高給ではない。

それでも、勝手知った職場で、仕事を続けることができれば、大満足。

それ以上に顧問先に、事務所のサービスに不満を感じさせないこと。

女性職員に重要な業務を任せ、おおいに発展している事務所もある。

もちろん、その事務所もパート職員にも正社員並の仕事をさせている。

働ける人が少なくなる一方だけに、人材を活かせる事務所が生き残る!

事業承継支援室長
大滝二三男

  • この記事を書いた人

大滝二三男

事業承継・M&A支援室長

-未分類

Copyright© エヌピー通信社 事業承継・M&A支援室 , 2020 All Rights Reserved.