エヌピー通信社だからできる会計事務所のための事業承継サービス

エヌピー通信社 事業承継・M&A支援室

ご相談随時受付中

事業承継ホットライン(通話料無料!!)

TEL:0120-800-058 FAX:0120-813-366

未分類

税理士にとって、事務所の承継時期はいつが良いの?

投稿日:

法人の決算が集中するのが、3月決算5月申告。

この時期の承継は、業務が集中しており、承継には向いていません。

しかも、3月は確定申告もありますから、年間売上の10%も占めます。

この収入を゛逃す゛のは、損した気分にもなってしまう。

だから、4月1日に承継ということにもなるが、数は少ない。

5月末の申告を待って、6、7月に承継スタート。前半はこのケースが多い。

8月は税理士試験(今年はなぜかお盆明け)があり、お盆は夏休みで承継なし。

9月は、これまた決算があるので、10月が 良いと言う先生も多い。

実際、12月になると年末調整などの業務が入るので、この月もなし。

そして1月、個人事務所だから、暦年課税となり、区切りが良い。

とはいうものの、受ける方は3月の確定申告を控え、繁忙期前で気分は重い。

そんなこんなで、いつが一番良いかの質問には、答はケースバイケース。

ちなみに、病気等を理由に事業承継する場合には、待ったなし。

確定申告期間中の承継も経験していますが、これは例外中の例外。

引き渡す先生が希望する日を、引き受ける事務所が対応できれば、それが一番。

事業承継支援室長
大滝二三男

  • この記事を書いた人

大滝二三男

事業承継・M&A支援室長

-未分類

Copyright© エヌピー通信社 事業承継・M&A支援室 , 2020 All Rights Reserved.