エヌピー通信社だからできる会計事務所のための事業承継サービス

エヌピー通信社 事業承継・M&A支援室

ご相談随時受付中

事業承継ホットライン(通話料無料!!)

TEL:0120-800-058 FAX:0120-813-366

未分類

承継を職員に告げると、辞表を手に撤回を求める?

投稿日:

税理士事務所の所長が高齢であり、病気にも悩まされている。

そんな税理士が、職員の雇用と顧問先を守るため事業承継を決意。

弊社とのアドバイザリー契約後、税理士法人の代表者と面談。

意気投合した両者は、3か月後の承継で合意。

その後、細かい調整を終えて、無事契約完了。

職員には契約完了まで、一切説明はしなかった。

それは、契約が不調に終わることを避けるため。

通常、所長は判断したことに意見があっても、反対は表明しないもの。

しかし、今回の事例は、寝耳の水で、納得できないと大合唱。

所長は病に倒れれば、職員に迷惑がかかると、良い相手を探せたと満足。

それは所長の自己満足。職員は途中経過も知りたかった。

とはいうものの、顧問先の事業承継では、契約完了後に初めて職員への説明。

そんなことは税理士事務所の職員としては、当然知っているはず。

ところが、我が身に降ってくると、゛寝耳に水゛と、大反対。

反対されても、すでに契約しているので、話は進んでいく。

最終的には先生が強ければ、経営統合日までには、職員もついていく。

職員のなかに音頭とりが一人元気であれば、その人を利用すれば良い。

でも、税理士事務所の職員が新たな職場を探すのは、はたして???

そうなると、辞める職員はどこに行くのか? 誰が受け入れるのか?

辞めた後に同じ地域の税理士事務所に移り、顧問先が一緒に移ったら?

損害賠償も念頭に置いた対応が、今後も要求されることになるだろう。

事業承継支援室長
大滝二三男

  • この記事を書いた人

大滝二三男

事業承継・M&A支援室長

-未分類

Copyright© エヌピー通信社 事業承継・M&A支援室 , 2020 All Rights Reserved.