エヌピー通信社だからできる会計事務所のための事業承継サービス

エヌピー通信社 事業承継・M&A支援室

ご相談随時受付中

事業承継ホットライン(通話料無料!!)

TEL:0120-800-058 FAX:0120-813-366

未分類

税理士会の活動に熱心だったのだが、その影響で!!

投稿日:

税理士会の活動に熱心な先生も少なくありません。

そんな先生は当然、会の役員に選ばれます。

役員なれば、当然会活動のために”時間”を取られます。

事務所の業務にも、会活動を重視すれば、支障も出てきます。

その一つが、職員に実務を任せることが多くなることです。

任せているからいいでしょうでは、今の時代は通りません。

職員に日々の帳簿から決算、そして税務申告の作成、これを任せていませんか?

先生の指導の下に行われていれ、各段階で所長がチェックしていれば問題なし。

しかし、日ごろの会業務が多忙のために、職員に任せたままであれば、これは大問題。

というより、実はこのような事務所は、かなり多いようです。

先週も、そんな”税理士会第一”の先生から相談を受けました。

長年、税理士会の役員として尽くし、結果、業務は職員の自由になってしまった。

しかも、職員が作成した申告書をチェックすることなく、電子申告をしてしまっているという。

というのも、税理士会の役員として、20年近く事務所を”不在”にすることが多かった。

その結果として、業務を職員任せにし、顧客も職員との関係に満足してしまった。

職員がどんな経理をし、申告をしているのか、税理士として指導・監督の自信がない。

まさに、当局が告発する名義貸し状態なのだが、法律を逸脱しているのは分かっている。

しかし、それを理由に事務所を閉鎖すれば、彼らの生活は一変してします。

最終的には、彼らの自由な仕事を許し、当局の指摘があれば、甘んじてその処分を受けよう。

職員もそれ相当の年齢になっているので、若い先生の事務所で働くのは難しい。

それなら、税理士法違反の問われるのは自分だけ。職員は処分なし。

実は、初めての告白でした。

病気で事務所を閉鎖するしかない先生は、職員の生活を考えると、良い相手はいません。

しかも、勝手な仕事を許された職員が、厳しいチェックを要請される事務所に対応はできません。

そう、こんな事例が今後増えるに違いがありません。

事業承継支援室長
大滝二三男

  • この記事を書いた人

大滝二三男

事業承継・M&A支援室長

-未分類

Copyright© エヌピー通信社 事業承継・M&A支援室 , 2020 All Rights Reserved.