エヌピー通信社だからできる会計事務所のための事業承継サービス

エヌピー通信社 事業承継・M&A支援室

ご相談随時受付中

事業承継ホットライン(通話料無料!!)

TEL:0120-800-058 FAX:0120-813-366

未分類

自分流を変えることができないと、事業承継は難しい?

投稿日:

税理士事務所の事業承継を始めて9年間、様々な相談を受けてきました。

もっとも多いのは、後継者を紹介してほしいというもの。

これは、一番難しい要望。

所長であるご自身が、自分以外の税理士を認めなかった。

税務の最終判断は自分だけがする、資格がある職員には任せない。

この判断は経営者として当然だが、そのうち資格者の居場所がなくなる。

資格者は給料が高くなるので、経営を圧迫するとも考える。

そこで、合格者には独立を薦めてきた。独立が当然の時代だった。

だから、資格者は自分だけという期間がほとんど。

そろそろ楽になりたいと、事業を誰かに譲ろうと考え始める。

独立していった元職員・税理士に声を掛けるものの、良い反応がない。

そんな所長が、果たして後継候補の税理士に優しくなれるだろうか?

長年かけて築いた事務所のやり方、自分流を続けることが前提。

お客さんがそのやり方を指示しているので、変えないように指導する。

事業を譲り受けようと考える候補者には、ありがた迷惑なことに。

その結果、我慢できない候補者は去り、紹介者もいなくなる。

新たな顧客を探す苦労がないから、喜んで後継候補になるはず。

こんな思惑が見事に打ち破られる。

その原因はご自身にあることは、なかなか気づかない。

それに思いがいかない限り、事業承継の道は閉ざされるのだが。

長い事務所の歴史を閉じるのはそう簡単ではない。

事業承継支援室長
大滝二三男

  • この記事を書いた人

大滝二三男

事業承継・M&A支援室長

-未分類

Copyright© エヌピー通信社 事業承継・M&A支援室 , 2020 All Rights Reserved.