エヌピー通信社だからできる会計事務所のための事業承継サービス

エヌピー通信社 事業承継・M&A支援室

ご相談随時受付中

事業承継ホットライン(通話料無料!!)

TEL:0120-800-058 FAX:0120-813-366

未分類

税理士事務所の職員は、顧問先にとっては゛先生゛です!

投稿日:

社長さんにとって、税理士はまさに先生。

でも、経理担当者にとって、領収書などをやり取りする職員も、先生。

そこで誤解は生じてしまう。

零細企業の家族従業員も、税理士事務所の担当者を税理士だと勘違いする。

その勘違いから、担当者から言われることが、正しいものだと思ってしまう。

過去の話だが、その゛先生゛が言うことは、゛指導゛だと判断。

゛先生゛の交際費も、言われる通り、領収書と交換に現金を渡す。

普通では考えられないことだが、゛先生゛の言うことは、正しいはず。

税金を払うより、経費として交際費を払った方が良いと言う。

それが税理士事務所の職員の飲食費に化けるとは、とんでもない話。

いわば、税理士事務所の職員と顧問先との癒着だが、そこに不正は?

職員の゛指導゛で交際費などを支出し、節税できたと喜ぶ顧問先も。

そんな話はないでしょう、と笑う税理士さんがほとんどでしょう。

しかし、実際に事業承継の話が進むと、出てきます。

なぜ、我々に話をすることなく、事業承継を決めたんですか、と職員。

強硬に反対する職員の主張を聞くと、顧問先が契約解除しますよ、と。

そうなると、事務所経営はできなくなるというのだ。

先生は顧問先がなくなれば、承継の際、評価は引くなり、手取りが減る。

そうなるのは避けたい。

結局、職員が大反対する事務所の事業承継は、先生の意思は通らない。

資格なき職員だけで、税理士事務所は成り立たない。

「先生、我々が頑張りますから、死ぬまでお願いします」

実際に、こんな事例があります。

職員たちは、そして先生は何を考えているのでしょうかね。

顧問先との折衝をすべて職員任せにした先生には、止めようがありません。

顧問先に゛先生゛と言わせておくのは、間違いの元かも。

事業承継支援室長
大滝二三男

  • この記事を書いた人

大滝二三男

事業承継・M&A支援室長

-未分類

Copyright© エヌピー通信社 事業承継・M&A支援室 , 2020 All Rights Reserved.