エヌピー通信社だからできる会計事務所のための事業承継サービス

エヌピー通信社 事業承継・M&A支援室

ご相談随時受付中

事業承継ホットライン(通話料無料!!)

TEL:0120-800-058 FAX:0120-813-366

未分類

後継者をだれにするか、資格者がいても悩みます!!

投稿日:

国税OB税理士を雇用したある税理士事務所の所長の悩み?

それは、後継者として事務所経営を十分できるかどうか、判断が難しいこと。

自らが営業することで事務所を拡大し、地方ではそれなりの事務所にしてきた。

しかし、後継者と目論む若手職員は、あと2科目までは来たが、結局挫折。

資格を取れないことで、その後継者候補も40歳を前に事務所を去った。

その後、税務署に後継者候補を探してもらうことに。

幸い40代後半で税理士資格を持つ税務署職員が、転職を決意。

所得税を担当していたということで、入所後は法人税についても研修を続けていた。

ところが、この候補者、所内の先輩職員とのコミュニケーションがうまくいかないことが判明。

どうやら、税務署にいた時も、上司や同僚との間でいざこざが絶えなかったという。

入所後は自らを変えようとと努力はしたようだが、結局同僚との軋轢は解消せず。

結局、日々の”上から目線”の発言に、先輩職員たちがブチ切れて、所長としても決断せざるを得ず。

退職した後にも改めて、OB税理士を所長候補に就職させたのだが、今度は全く経営センスなし。

営業のえの字も出て来ず、積極的に職員を指導するでもなし。

事務所を任せるには、職員の生活も見るだけの胆力がなければならないのだが、これは一切なし。

入所の時には後継者として頑張るとの発言も、日々の業務を経験するうちに、意欲も後退。

勤務税理士のままで、定年まで給料がいただければ、それでいいという始末。

結局、この2年間で二人の後継者候補に”裏切られる”結果になった所長。

自ら後継者を育てることが出来なかったのが、最大の失敗。

後継者を育てられなかったとOB税理士を雇ったのだが、これまた失敗。

そんなこんなで弊支援室に駈け込まれてきたわけだが、最大のポイントは先生自身。

じっくりと先生の話をお聞きし、最適は解決策を提案することになったが、果たしてうまくいかどうか?

所長さん自身が、事業承継者に満足できるかどうかにかかっている。

ある程度の我慢と諦めも必要とお話しするのだが、腹落ちするまでにはまだまだ時間がかかりそう!

事業承継支援室長
大滝二三男

  • この記事を書いた人

大滝二三男

事業承継・M&A支援室長

-未分類

Copyright© エヌピー通信社 事業承継・M&A支援室 , 2020 All Rights Reserved.