エヌピー通信社だからできる会計事務所のための事業承継サービス

エヌピー通信社 事業承継・M&A支援室

ご相談随時受付中

事業承継ホットライン(通話料無料!!)

TEL:0120-800-058 FAX:0120-813-366

未分類

繁忙期に入る税理士事務所、試験挑戦者は今が重要!?

投稿日:

税理士事務所にとっては、今や確定申告の準備で大忙し。

源泉徴収票の交付や支払調書の提出、さらには償却資産の申告などの業務も目白押し。

来月に入れば、すぐにも還付申告がスタートする。

実際に確定申告がスタートする前に、還付申告をする税理士さんもいる。

そんな繁忙期2か月過ぎ、ゆっくりする暇もなく、3月決算、そして5月申告と続く。

公益法人などは3月に各所轄官庁への申告もあり、これまた税理士には頭のいたいところ。

そんなあわただしい時期にも、税理士試験に挑戦中の職員は、8月に向けた勉強が続く。

12月に悲喜こもごもの結果となったわけだが、惜しくも合格点を取れなかった人にも休みはない。

事務所に勤務しながらの試験勉強だけに、時間に追われる日々がこれから2か月間続く。

昨年の試験後に、自らの採点を確認し、決意を新たにした人であれば、今は余裕の時期かも。

しかし、今の時期に試験勉強を放っておくと、追い込みシーズンになって、焦りだすのは必定。

あと一科目という人の話は本当によく聞く話。最後の一科目が取れずに、あきらめる人も多い。

それというのも、税理士事務所の業務に精通するようになると、試験への情熱が薄れてくる。

受からなくても、事務所ではそれなりの立場にいられるようになるからだという。

だからといって、税理士試験の合格した人とは、仕事の中身はともかく、格差は生じる。

資格ビジネスの辛いところで、仕事ができなくても税理士は税理士。評価は税理士に軍配。

税理士法人などでは、役員たる社員税理士には、無資格者はなれない。

誰もが知っていいることだが、法人の運営は資格者が中心。無資格者はバイプレイヤーだ。

なかには法人組織でも、無資格者がそれなりの地位についている例もあるが、それは例外。

本来であれば、経営能力のある人が法人等を運営していくところだが、まだまだそうはいかない。

資格者のなかで経営能力があると思われる人材が、経営者の一角を占めるのが通例。

そうならば、資格を取ることがまず大前提だけに、合格の手形を手にするしかないだろう。

さて、そんな中、税理士事務所の存立が取りざたさえている。

いわく、10年後には記帳代行で成り立つ税理士事務所は、なくなるというもの。

資格は取ったものの、独立する時には、その草刈り場がなく案っているという。

税理士とは独立するもの、こんな考えは今は傍流だが、これは一大事。

法人の職員で勤務税理士として、サラリーマンの椅子取りゲームをやらなければならない。

そのゲームに参加できるのも、確かに資格所得者。頑張りましょう。勝つまでは!

事業承継支援室長 会計事務所の事業承継は「エヌピー通信社 事業承継支援室」へ
大滝二三男 https://e-syoukei.biz
        フリーダイヤル:0120-800-058  メールアドレス fumio-o@np-net.co.jp

  • この記事を書いた人

大滝二三男

事業承継・M&A支援室長

-未分類

Copyright© エヌピー通信社 事業承継・M&A支援室 , 2020 All Rights Reserved.