エヌピー通信社だからできる会計事務所のための事業承継サービス

エヌピー通信社 事業承継・M&A支援室

ご相談随時受付中

事業承継ホットライン(通話料無料!!)

TEL:0120-800-058 FAX:0120-813-366

未分類

税理士事務所の顧客の一部を、担当職員とともに承継可能か?

投稿日:

顧客の一部を担当者とともに、他の先生に移籍させることは可能でしょうか?

こんな質問をいただきました。その答えは、事例があります。

実は勤務税理士だった当時の事務所の経営者が変わり、相談者の先生は独立。

職員は、そのまま旧事務所に勤務。

ところが、旧事務所の先生が交代間もなく急死。

そこで、独立した先生が急きょ応援に駆けつけ、実務は滞りなく終了。

しかし、事務所の税理士がいなくなったことで、遺族から先生に事務所継続を依頼。

職員はそのままに、旧事務所の顧客をそのまま担当。

先生はご自身のお客さんを担当し、いわば事務所内で全く異なる顧客を担当。

もちろん、職員の作成する税務申告書や相談は、先生がチェックもし、決算説明にも同行。

先生も顧問先との関係を重視し、職員に任せていいものだけは、彼らの自由にさせていた。

ところが先生自身も体を壊し、引き継いだ事務所を運営するだけの力がなくなってきた。

そこで、引き継いだ職員と顧問先を承継してくれる事務所を探し出し、無事引き継いだ。

こんな事情なので、自分が開拓したお客さんと職員を承継したわけではない。

お客さんにしても、先生がこれまで変わってきた歴史を知っているから、抵抗も少ない。

担当の職員が変わるわけでもないので、全く問題なしというわけだ。

ところが今回の質問は、自分のお客さんを”分割”して、承継してもらおうというもの。

”分割”されるお客さんは果たして、どう思うのだろう。

勝手に職員を辞めさせて、自分たちも手放すつもりか、そんな風に思わないだろうか。

先生が廃業するなら理解もできるだろうが、事務所を続けるとなると反発はでる。

受ける方も慎重にならざるを得ないだろう、難しい事案でもある。

事業承継支援室長 会計事務所の事業承継は「エヌピー通信社 事業承継支援室」へ
大滝二三男 https://e-syoukei.biz
        フリーダイヤル:0120-800-058  メールアドレス fumio-o@np-net.co.jp

  • この記事を書いた人

大滝二三男

事業承継・M&A支援室長

-未分類

Copyright© エヌピー通信社 事業承継・M&A支援室 , 2020 All Rights Reserved.