エヌピー通信社だからできる会計事務所のための事業承継サービス

エヌピー通信社 事業承継・M&A支援室

ご相談随時受付中

事業承継ホットライン(通話料無料!!)

TEL:0120-800-058 FAX:0120-813-366

未分類

税理士事務所、事業承継の対価は何年で償却するつもりですか?

投稿日:

こんな質問を引き受け手の先生にお聞きしました。

答えは様々でしたが、多くの先生が「3年から5年」と答えました。

弊社が事務所の査定をするときは、ほぼ5年で償却できる金額をはじき出します。

これには、当然顧問先の自然消滅なども加味しています。

ですから、顧問料収入は、営業面を考えずに、年々減少すると仮定しています。

そう考えた時に、償却完了するのは5年後となります。

もちろん、承継した事務所が営業やコスト管理などを徹底すれば、この期間は短縮可能。

なかには「うちは1年で償却します」と強弁する先生もいます。

これは単純に一括で経費を落とす意味ですねと訊くと、「いいや、1年で利益を出します」

こうなると、承継された事務所の職員を雇用せず、顧客だけを引き受ける形でなければ不可能。

当然、このような方針の事務所には、譲り渡し希望の先生を紹介することはできません。

3年で償却するのであれば、ほぼ妥当でしょうが、さらに5年となれば余裕が出ます。

なかには対価を10年で支払うという契約をする先生もいますが、これは余裕がありすぎる支払方法。

引き受け手のリスクは限りなく減少しますから、支払う側は”御の字”でしょう。

しかし、そんなに長い期間は嫌ですというのが普通で、弊社が仲介した例も1件のみ。

これから経済がどのように変化するのか、だれも見通せない状況だけに、10年は待てないでしょう。

ですから、5年で償却する経営計画を立てるのが、引き受け手としては妥当ではないでしょうか。

事業承継支援室長
大滝二三男

セミナーのお知らせ
11月26日・東京 27日・大阪 12月2日・大宮 9日・福岡 受講料は無料です。
受講希望者は、0120800058 までお申し込みください。

  • この記事を書いた人

大滝二三男

事業承継・M&A支援室長

-未分類

Copyright© エヌピー通信社 事業承継・M&A支援室 , 2020 All Rights Reserved.