エヌピー通信社だからできる会計事務所のための事業承継サービス

エヌピー通信社 事業承継・M&A支援室

ご相談随時受付中

事業承継ホットライン(通話料無料!!)

TEL:0120-800-058 FAX:0120-813-366

未分類

あり得ないような話ですが、職員が阻止する承継!

投稿日:

承継の形はいろいろあると書いてきましたが、ここにきてすさまじい事例を紹介しましょう。

80歳を超えた先生の事務所では、40代の職員が7名で、業務を進めていました。

先生は病気がちなこともあって、ここ10数年は顧客相手の仕事は、職員任せ。

個人事務所ですから、顧問先担当者の仕事は、事務所職員はだれも知りません。

顧問先からどのような要望が来ているかなど、知るよしもありません。

単純に、顧問先からの毎月の顧問料が入っていれば、先生も文句を言いません。

先生は職員任せですから、毎月のお金がつかめていれば、それで良し。

そんな状態が長く続いていた昨年、先生が入院し、事務所の業務をチェックすることが不可能に。

こうなった時の職員は、「俺たちが先生を食わしてきたんだ」と、事務所内でも言うようになった。

職員の中で税理士試験4科目を持つ者が、その先兵。

先生にはこれまでにかなり儲けさせたんだから、今後はとやかく言わせない、と主張。

たまたま、そこの事業承継の話が進んでいたことは、職員には知らされていなかった。

そんな状況で、先生は急死。承継の相手となっていた先生も戸惑うばかり。

そこで、先生の遺族と話を進めていた、40代の明日にでも試験に受かるという職員が異議を。

自分が合格すれば、先生は事業を譲ると言っていたと声高に主張。

しかし、資格がないので、そのままの状態では,事務所は成立しない。

そこで、承継者との調整に入ったのだが、職員は言う「俺たちが先生を食わせてきた。」

だから、自分たちの立場をそのまま維持するのであれば、顧客を説得しましょう。

どうでしょう。こんな状態の事務所を引き受けることができますか?

でも、高齢の先生の「事務所では、こんな状況は実に多いのです。

しかし、「俺たちが先生を食わしている」なんていうことは、表には出ませんがね。

実は多いのです。税理士法人を理解されていない先生には、いい話のはずですがね。

事業承継支援室長
大滝二三男

  • この記事を書いた人

大滝二三男

事業承継・M&A支援室長

-未分類

Copyright© エヌピー通信社 事業承継・M&A支援室 , 2020 All Rights Reserved.