エヌピー通信社だからできる会計事務所のための事業承継サービス

エヌピー通信社 事業承継・M&A支援室

ご相談随時受付中

事業承継ホットライン(通話料無料!!)

TEL:0120-800-058 FAX:0120-813-366

未分類

天下の”朝日”の首を取ったと大喜び、歴史は繰り返す!!

投稿日:

記事の間違えを認め、それを社長が謝る新聞社は、本当に珍しい。

言いたい放題で、主幹からお褒めいただける記事を書く方が楽に違いない。

国会の記者などは、録音しながら、政府や野党の議員の後を追っていく。

新聞社はそれぞれ違うはずだが、録音する声は同じ。

それでも記事にするときは、他社の記者とともに、読む合わせをする姿も見受けられる。

そんな記事は、どこの新聞を見ても当然同じ。読んでいても面白くもない。

新聞とは、時の政府のやり方に意見を批判するがごとくに、記事を書くのではないのだろうか。

事実・事象だけを報じるのは、真実を書くこととは違うはず。

読者が勝手に理解すればいいというのは、新聞記者の怠慢のような気がする。

署名なき原稿だから、それもできるのだろうし、編集責任者の名前も載ってはいない。

池上氏の記事を載せなかった責任者が今回はっきりしたが、これも本当に珍しいこと。

経済記事で、お手盛り記事があることも誰もが知っており、それを追及する姿勢はない。

誤りを追及するのであれば、言いたい放題の新聞も自制が必要な気もする。

時の政府をヨイショする、その姿勢こそ、数十年前の誤りを再び犯すことにはならないのだろうか。

税理士業界でも、来年一月からの相続税大増税に、なぜ反対の声が起きないのか。

自らの生活が守れれば、それでいいというのでは、あまりに情けない。

大増税は政府が決めたんだから、自分たちには責任なし。そうなんでしょうね。

謝れば済む時代なんでしょうかね。

事業承継支援室長
大滝二三男

  • この記事を書いた人

大滝二三男

事業承継・M&A支援室長

-未分類

Copyright© エヌピー通信社 事業承継・M&A支援室 , 2020 All Rights Reserved.