エヌピー通信社だからできる会計事務所のための事業承継サービス

エヌピー通信社 事業承継・M&A支援室

ご相談随時受付中

事業承継ホットライン(通話料無料!!)

TEL:0120-800-058 FAX:0120-813-366

未分類

腐った肉も使ってしまう国、それに頼らざるを得ない国内事情!

投稿日:

今回は、上海の食品加工企業の酷さが明らかになったが、これまではどうだったのだろう。

日本マクドナルドは、米国の企業と成形されたチキンナゲットを購入する契約。

その米国企業の下請けをしていたのが、上海の企業。

マクドナルドにとっては、チキンナゲットは脇役だったことでまだ救われるが……

これがハンバーぐだったら、マックは日本ではおしまいだろう。

マックの中興の祖と言われ、先般CEOを辞めた原田氏が、福武書店グループに。

経営力を買われた同氏を待っていたのが、顧客データ2000万件以上の流失問題。

CEOに就任後、なんと謝罪が最大の仕事。辞めたマックもなんと期を一にして、トラブルに。

顧客データの流出問題は、データ管理の提携先・派遣元の従業員の仕業。

元データを持つ企業の責任を追及することは不憫だが、管理を徹底できなかったことは確か。

その原因の一つには、自らの企業内でデータの管理・保全をせず、外部に委託する体制。

19年前に米国西海岸の会計事務所を視察した折に、初めて知らされたことがある。

それは、経営者であるCPAパートナーに必ずコンピュータ専門家がいたということ。

その責任者がデータ管理を専門として、外部への情報の流出を防いでいた。

そう、今からほぼ20年前のこと。

果たして、今の日本の会計事務所で、そんな責任者はいるのだろうか。

中国に話を戻すと、10年近く前に中国で記帳業務を行うことが、会計業界でもてはやされた。

給与が安い中国で記帳代行業務をやれば、報酬の安い顧問先を持つ会計事務所には朗報と。

しかし、今現在は、ほとんどの記帳代行会社は中国から撤退している。

採算が取れなくなっているし、日本語を理解できる人材は、給与の高い他の業種に移ってしまう。

そこには会社に忠実といった概念はないし、給料が高ければ、移るのは当然のこと。

今回の食品会社の衛生管理なども、職員たちには関係のない、給与をもらえればそれで良し。

その日の業務を滞りなくやればそれでおしまい。肉が腐っていようが、ある材料を処理すればいいだけ。

何とも恐ろしい話ではある。職業倫理という言葉は、隣国にはないのでしょうか。

それでも、そんな外国に頼らなければならない企業ばかりが栄えている。

何とか、国内に安全、安心な食品工場を保ち続けることができないのでしょうかね。

今回は事業承継と無関係ですが、やりきれない思いで書いてしまいました。

事業承継支援室長
大滝二三男

  • この記事を書いた人

大滝二三男

事業承継・M&A支援室長

-未分類

Copyright© エヌピー通信社 事業承継・M&A支援室 , 2020 All Rights Reserved.